ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】248話のネタバレ【白州が同点タイムリーを放つ】

ダイヤのA actⅡ248話のネタバレを掲載しています。248話では、白州が値千金のタイムリーヒットを放っていく。同点となったところで御幸が打席に立つと、晢の応援歌であるルパン三世が流れていく!?ダイヤのA actⅡ248話の内容を知りたい方はご覧ください。

ダイヤのA actⅡ248話のネタバレ

こんな形じゃ終われないよな

白州の打球がセンターに飛んでいく。

打球はセンター前に落ちていく。

白州のタイムリーヒットでついに青道が同点に追いついていく。

白州はノリが「ウチの事情も多少はあるんだけど、高校で野球はやめるつもりだよ」「色々と思い知ったこともあるし」「でも、逆にやめると決めたら、一日一日を迷いなく真剣に過ごせるようになったんだ」「最後の瞬間まで悔いは残さないつもりだよ」という言葉を思い出しながら、「ボールを投げることも、準備することも許されない」「納得できないよな」「こんな形じゃ終われないよな、ノリ」とノリに向けてガッツポーズを送る。

落合は「やはりクリーンナップに推してよかった」「見る目がありすぎて自分が怖い」と身震いしていた。

片岡監督は「各校が御幸を警戒するほど、3番であるお前との勝負が増えるだろう」「一対一のピッチャーとの勝負、自分のバッティングをとことん追求してみろ」と伝えていた。





ルパン三世

御幸が「痺れたぜ、俺も続かねぇとな」と打席に向かっていく。

天久は「いやー、まいった」「ここで振り出しかー」「はっきり高めに外すべきだった、ゴメン」「やっぱあの手のタイプは怖いわ、一番怒らせちゃいけない奴」とマウンドに集まる面々に話していた。

大和田が「小湊君はアウトにしましたが三者連続で外野に運ばれてますからね」と言うと、峰は「ベンチも難しい所だな」「元々天久君はムラっ気のあるピッチャー」「ここまで張りつめてきた糸が切れてもおかしくない」「おまけに同点になったことで御幸君はかなり楽な気持ちで打席に立てる」「青道にしてみればまさにチーム一丸となって作った流れ」「ここで一気に、天久君を打ち崩したいだろうな」と伝えていく。

天久は「まだ消えてねぇ」と気合いを入れていく。

御幸が打席に立つと、いつもとは違う応援歌が流れていく。晢の応援歌であるルパン三世の曲だった。

<<前の話 248話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。