ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】243話のネタバレ【沢村が最強モードに突入】

ダイヤのA actⅡ243話のネタバレを掲載しています。243話では、川上のシャドーピッチングから気合いをもらった沢村が覚醒状態に入っていく。天久も「超人じゃん」と感じるほどの気迫を見せる沢村が、外からのカットボールを初めて試合で決め、三高打線を圧倒していく。ダイヤのA actⅡ243話の内容を知りたい方はご覧ください。

ダイヤのA actⅡ243話のネタバレ

一緒に戦ってくれてるんですね

川上がブルペンでシャドーピッチングを行っていく。

川上はシャドーピッチングを繰り返しながら「ボールを投げることも」「肩を作ることも許されないピッチャーに何ができる」「自分のヒジがどうなろうとかまわないのに」「いつでも投げる準備はできるのに」「チームの力にも、誰の力にもなれやしない」と考えていた。

マウンドに上がった沢村は「ノリ先輩」「あざっす」「一緒に戦ってくれてるんですね」と感じていた。





超人じゃん

8回表、市大三高の攻撃。打席は8番天久。天久は「さぁ、残り2回」「お互い悔いのない投げ合いにしようぜ、沢村」と考えていた。

打席に入った天久は、沢村の表情を見て驚いていた。

御幸が「下位のバッターとはいえ、油断できない相手エースで」と考え、沢村も「先頭バッター」「断ち切れる」と考えていた。

沢村のストレートがアウトコースに決まり、天久は「おぇ、えっぐ」「なんだこの勢い」と感じていた。

次は同じコースからスプリットで空振りを取る。

天久は「やばすぎ」「終盤にきてこの精度」「超人じゃん」と感じていた。

御幸は「この大会に入って初めてだな」「このモードに入ったの」と感じていた。

沢村が外のボールゾーンからのカットボールを決めて天久を見逃し三振に打ち取る。

天久は「マジかよ」と感じながらベンチに戻っていく。

御幸は「試合で試したのは初めて」「でも、こういう場面で投げ切るのがこいつなんだよな」と考えていた。

<<前の話 243話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。