ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】235話のネタバレ【ついに市大三高が先制】

ダイヤのA actⅡ235話のネタバレを掲載しています。235話では、星田を空振り三振に仕留めた沢村が、球場全体を揺らすほどの存在感を放っていく。が、続く5番佐々木の放ったヒットで、ついに市大三高が先制していく!?ダイヤのA actⅡ235話の内容を知りたい方はご覧ください。

ダイヤのA actⅡ235話のネタバレ

球場全体を揺らす存在感

沢村は最後は外の変化球で4番星田を空振り三振に仕留めた。御幸は「あと一つ」「気を抜かず取り切ろう」と沢村に伝える。沢村はマウンドでの頼もしさは中学校の時のまま、そして球場全体を揺らす存在感を放っていた。降谷も「今日は出番ないかもね」とオーラを放ちながらつぶやく。

次のバッターは5番ライト佐々木。原田監督は「手元で動いてくるボールを捉えるにはギリギリまで懐に呼び込み、コンパクトに振り抜くのみ」「GO、佐々木ボーイ」とサインを送る。ツーアウトながらランナーは二塁。打席に立つ佐々木は「こいつのヤバさは春に食らってる」「しかも球速が増し手がつけられなくなりつつある」「まともに打ちにいっても攻略はできねぇ」と考えていた。

勝利宣言

御幸は「星田の手を出させたボールゾーンに逃げるカットボール」「バットを短く持って食らいついてくるなら届かない所へ」と考えていた。沢村は「まだ4回」「しっかり守って攻撃に繋げれば流れも作れる」「俺たちにはそれができる」と考えながらボールを投げる。

佐々木は「ここまでやらせやがって、くそったれ」「まともが駄目なら一か八か外のみに賭ける」と外一点張りで構える。バッターボックスのラインを越えて踏み込み、沢村の外のボールを打つ。

打球はサードに転がるが、金丸は取れずレフトに抜けていく。ボールは浅いが市大はランナーにゴーを送る。田原監督は「ここの青道唯一の穴」と考えており、事前に「レフトへの浅い当たり」「麻生ボーイがスタメンならストップ、結城ボーイならGOだ」と伝えていた。青道OBは「回しやがった、あの当たりで」「刺せるぞ将司」と言い、結城はバックホームするが送球が高く判定はセーフとなる。

佐々木のしぶとくレフトへ運ぶタイムリーで市大三高が先制し、天久は「勝った」と勝利宣言をしていく。

<<前の話 235話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。