ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】225話のネタバレ【沢村のナンバー9が最強すぎるww】

ダイヤのA actⅡ225話のネタバレを掲載しています。225話では、沢村のナンバー9が市大三高打線を抑えていく。三者凡退に抑え、最高のスタートを切っていく!?ダイヤのA actⅡ225話の内容を知りたい方はご覧ください。

ダイヤのA actⅡ225話のネタバレ

ナンバー9

市大三高1番の千丸はストレートを狙っていた。沢村の1球目のナンバー9に手を出すが、サードゴロに打ち取られる。

千丸は沢村のボールをストレートだと思って振ったが、「思ったよりキレてなかったのか」「ちょっとわかんない」と言う。

2番の森も追い込まれるまでストレート狙いでいくつもりだった。

「身体の前で捕まえる」という意識でバットを振るが、バットは空を切る。森は「なんでバットの下?」と空振ったことを疑問に感じていた。2球目はインコースのカットボールを振りファールとなる。3球目はまたしてもスプリット改のナンバー9。

森は真っ直ぐだと思い手を出し、セカンドゴロに打ち取られる。市大三高の監督田原は沢村のボールが高速スプリットだと気づく。が、「スプリットは前の試合でも投げていたがスピードはもっと落ちてたはず」「試合までのこの数日でカスタムを?」と考える。

沢村はこれまでの縫い目を外す握りから人差し指を縫い目にかける握りに改良したことにより、ボールに最後まで力が伝わり球速を維持したままツーシームのように右打者から逃げる変化を実現させた。これがスプリットとツーシームの両面を併せ持つナンバー9。

三者凡退

3番の宮川が打席に立つ。初球はチェンジアップ。これには手が出せず見送っていく。

「いいんだよそれは」「真っ直ぐで来い」と考える森。沢村の2球目を引っ掛けてしまいファーストゴロに打ち取られる。青道エースの沢村は市大三高打線を三者凡退に抑え、最高のスタートを切ってみせた。

<<前の話 225話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。