ダイヤのA

【ダイヤのAactⅡ】212話のネタバレ【創聖が青道に追いつく展開に】

ダイヤのAactⅡ212話のネタバレを掲載しています。212話では、創聖が青道に追いつく展開に。しかし、流れは明らかに青道に傾いています。ダイヤのAactⅡ212話の内容を知りたい方はご覧ください。

ダイヤのAactⅡ212話のネタバレ

結果はゲッツー

柳楽が放った打球はピッチャー横を抜け二遊間に。そのままセンターへ抜けそうな打球だったが、春市が追いつきそのままグラブでボールを弾いてセカンドへボールを送る。

そして、倉持が一塁へ送球しゲッツーに打ち取る。創聖は一点を追加するもののヒット性の当たりをゲッツーにされたことで驚きを隠せずにいた。青道の二遊間の圧巻の動きに会場も大盛り上がり。青道はたとえ一点を犠牲にしても、創聖のキーマンでありここまで試合を作ってきたエースの柳楽との勝負に集中することを選んだのだった。

勝つための準備

次の6番中沢を三振に仕留め、創聖の6回の攻撃が終わる。降谷は御幸の4球連続スプリットのリードに少し驚きはあったらしいが、「外野に飛ばされなければバックがなんとかしてくれる」という気持ちで投げ切ったそう。

6回裏青道の攻撃は1番倉持から。倉持の打球は強烈でファーストが捕りきれずに弾いてしまう。セカンドがバックアップするが、俊足の倉持は余裕でセーフとなる。

続く2番の春市。同点となったが青道の攻撃が始まりそうな予感です。

ダイヤのAactⅡ212話の感想

春市のグラブ捌きはまじで神でしたね!あんなプレー、実際にあったりするんでしょうか??春市の守備能力はプロ級と言っても過言ではないのかもしれません。こういう展開の後は攻撃も良い流れが生まれやすいもの。同点にされてしまいましたが、ここから青道の怒涛の攻撃が始まりそうな予感がします。

<<前の話 212話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。