進撃の巨人

【進撃の巨人】獣の巨人の正体・能力・継承者などの詳細まとめ

進撃の巨人に登場する九つの巨人の内の一体、獣の巨人。獣の巨人は九つの巨人の一体で、重要人物であるジークが継承しているとあって、作中に何度も登場してくる巨人です。今回、獣の巨人について作中で明らかになっている情報をまとめたので、獣の巨人の情報を振り返りたい方はご覧になってください。

 

獣の巨人

 

九つの巨人の内の一体

獣の巨人はエルディア人の始祖であるユミル・フリッツが、死後自身の魂を九つに分けたことで生まれた九つの巨人の内の一体。超大型巨人鎧の巨人といったいわゆる知性持ちの巨人になる。

 

投球技術に優れる

獣の巨人は17m級の巨人と、他の巨人よりも少し大きいくらいしか特徴がなかったが、ジークが投球技術を身につけたことでとんでもない破壊力を生み出すことができるようになった。シガンシナ区決戦では砕いた岩を放り投げることで大砲100門級の攻撃を繰り出し、突撃してきた調査兵団を壊滅させていた。中東連合との戦いでも砲弾を投げつけて敵の軍艦を撃沈させていたりとかなりの破壊力を有する攻撃となっている。

 

叫びの力を使うことも

これは獣の巨人の力というよりジーク・イェーガーの力であるが、ジークの脊髄液を口にしたエルディア人を叫びの力で無垢の巨人に変えることができる。しかも、その巨人はジークの意のままに操ることができ、通常の無垢の巨人に比べて運動能力も高い。

 

ジーク・イェーガーが継承者

獣の巨人の継承者はマーレの戦士であるジーク・イェーガー。トム・クサヴァーから獣の巨人の力を継承した。エルディア人の安楽死を望んでおり、始祖の巨人の力でエルディア人の体を子供を産めない構造に変え、そのまま絶滅させることを目論んでいる。

ジークについては「【進撃の巨人】ジーク・イェーガーの目的などの詳細情報まとめ【獣の巨人の継承者】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、獣の巨人についてまとめてみました。獣の巨人は、作中重要人物のジークが継承しているとあって、作中で度々登場しています。作中ではリヴァイと戦ってボコボコにされているイメージが強いですがw、投球技術を活かした遠距離攻撃は非常に恐ろしい攻撃となっています。今後、獣の巨人がどのような活躍をしていくのか注目していきたいところです。

進撃の巨人の今までの内容を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にわかりやすくまとめているので、進撃の巨人の内容をおさらいしたい方はそちらをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。