進撃の巨人

【進撃の巨人】最強キャラ決定戦!人間・巨人混合の強さランキングベスト20【2019年最新版】

進撃の巨人には多くのキャラが登場しますが、その中で誰が最強なのか気になりませんか??そこで今回、進撃の巨人に登場するキャラの中で最強のキャラランキングを作成しました。進撃の巨人のキャラの中で一番強いキャラが誰なのか気になる方は、ぜひ最後までご覧になってください。

 

進撃の巨人の最強キャラランキングを作る上で

今回のランキングは普通の人間・巨人化能力を持つ人間を一緒にランキングにしています。また、九つの巨人を継承した人間に関するルールを設けておりまして、「九つの巨人の継承者をランクインさせる際は、現在力を継承している人間に限る」というルールを設けさせていただいています。例えば、戦槌の巨人は以前ヴィリー・タイバーの妹が継承していましたが、現在はエレンがその力を継承しています。こういう場合、ランクインできるのはエレンのみでヴィリー・タイバーの妹はランクインできないものとさせていただきます。そうしないとランキングが九つの巨人の継承者だらけになってしまいますからね。そこをご了承した上でランキングを楽しんでいただければなと思います。

 

進撃の巨人の最強キャラランキングベスト20

 

20位 ゲルガー

https://twitter.com/shingeki_blog/status/917334088893087745

死亡率が高い調査兵団を数年生き抜いてきた精鋭。ウドガルド城での戦いでは地の利があったとはいえ、複数体の巨人の群れを討伐する活躍を見せた。最終的にはガスも刃も体力も消耗してやられてしまったが、無垢の巨人の群れ相手にも戦える実力を持つ。

 

19位 グンタ・シュルツ

画像左

リヴァイ班に選ばれる実力者。巨人討伐数7・討伐補佐数40という実績を持つ。

 

18位 ペトラ・ラル

グンタと同じくリヴァイ班に選ばれる実力者。巨人討伐数は10で討伐補佐数は48とグンタよりも実績は上。女型の巨人に敗北してしまったので、無垢の巨人は討伐できるが九つの巨人を相手にできるほどの実力はないと言える。

ペトラについては「【進撃の巨人】ペトラ・ラルの死亡シーンなどの詳細情報まとめ【作中屈指の可愛さ】」にさらに詳しくまとめています。

 

17位 エルド・ジン

エルドもリヴァイ班に選ばれる実力者。巨人討伐数は14で討伐補佐数は32。巨人討伐数が上なので、ペトラよりも順位を上とさせていただきました。エルドも女型の巨人に敗北したので、九つの巨人相手には太刀打ちできないようです。

 

16位 オルオ・ボサド

リヴァイ班に選ばれた実力者。巨人討伐数は39で討伐補佐数は9。リヴァイ班の中でももっとも多くの巨人を討伐しているので、リヴァイ班の中では一番上の順位とさせていただきました。オルオも女型の巨人にやられてしまったので、九つの巨人を相手にできるほどの実力はありません。

 

15位 ミケ・ザガリアス

画像右上

調査兵団の分隊長で調査兵団の中でリヴァイに次ぐNo.2の実力者だった。嗅覚に優れ、匂いで巨人の接近を探知できるという特殊な能力を身につけている。9体の巨人を同時に相手にし、4体の巨人を討伐できるほどの実力者。獣の巨人に敗北してしまったので、九つの巨人を相手にするのは厳しい模様。

 

 

14位 フロック・フォルスター

https://twitter.com/hiroaki07291/status/1049547231475453953

シガンシナ区決戦の前に調査兵団に加入した104期生の一人。調査兵団の生き残りのメンバーの一人。レベリオ区を襲撃した際の身のこなしを見る限り、調査兵団の生き残りメンバーの戦闘力はかなり高そうなので生き残りメンバーはランキング上位とさせていただきました(九つの巨人の力を有するポルコですら調査兵団の生き残りメンバーを見て恐れを感じていたため)。

 

13位 サシャ・ブラウス

調査兵団の生き残りの一人。訓練兵は9番目の成績で卒業した。狩猟を伝統としていた部族出身とあって野生的で非常に勘が鋭い。弓術や射撃能力に優れており、主に後方支援役として戦いに参加する。残念ながらガビが放った銃弾が直撃して死亡してしまった。

 

12位 コニー・スプリンガー

調査兵団の生き残りの一人。小柄で小回りが効くため、立体起動での動きが向いていると言える。訓練兵は8番目の成績で卒業した。

 

11位 ジャン・キルシュタイン

調査兵団の生き残りの一人。訓練兵は6番目の成績で卒業した。立体起動装置の扱いを熟知しており、立体起動装置の性能を引き出す力に長けている。判断力と統率力に優れ、リーダーとしての資質も持ち合わせている。

 

10位 ピーク

マーレの戦士の一人で車力の巨人の継承者。持続力に優れ、運搬能力に長ける車力の巨人の力を継承している。素の状態では戦闘力は高くないが、兵装することが可能で機関銃や巨大ライフルを背負うことで遠距離攻撃が可能となる。他の九つの巨人に比べると戦闘能力が低いと思ったのでこの順位とさせていただきました。

 

9位 ポルコ・ガリアード

マーレの戦士で顎の巨人の継承者。顎の巨人は、機動力に優れて素早い動きが可能。また、顎と爪が発達していて、九つの巨人の硬化状態や結晶体ですら砕くことができる破壊力を持つ。大型の巨人に比べると戦闘能力は低いかなと思ったのでこの順位とさせていただいています。

 

8位 ライナー・ブラウン

マーレの戦士の副長で鎧の巨人の継承者。常に全身が硬質化されており、ブレードによる攻撃は一切通らない。ただ、雷槍や現代兵器の開発で普通に攻撃が通るようになってしまったので以前の無敵感は今は一切ない。タイマンではエレンの進撃の巨人に押されていましたし、ジークの獣の巨人にもやられていたのでこの順位とさせていただいています。

ライナーについては「【進撃の巨人】ライナー・ブラウンの詳細情報まとめ【鎧の巨人の継承者】」にさらに詳しくまとめています。

 

7位 アニ・レオンハート

https://twitter.com/OLosSNHKrjK7ud9/status/1138986629442367488

マーレの戦士の一人で女型の巨人の継承者。アニ本人が格闘術に優れているので、女型の巨人になった時の戦闘力は相当なもの。第57回壁外調査の際は、大量の兵士を殺害し、調査兵団の中でも精鋭であるリヴァイ班を壊滅させ、進撃の巨人となったエレンも倒してしまった。ただ、人類最強の兵士であるリヴァイにはさすがに及ばずといったところ。

 

6位 ジーク・イェーガー

https://twitter.com/Shingeki_Annie_/status/1135874479538597888

画像左上

マーレの戦士の戦士長で獣の巨人の継承者。獣の巨人は17m級と他の巨人よりも少しでかいだけしか取り柄がなかったが、投球技術が高いジークが投石攻撃を編み出したことで絶大なる攻撃力を手に入れた。シガンシナ区決戦で調査兵団を壊滅させたり、中東連合軍との戦いで相手の軍艦を一撃で沈めたりと、戦争において非常に重宝する力となっている。ただ、タイマンだと何度もリヴァイに敗北しており、遠距離攻撃に優れる分タイマン向きの巨人ではないと言える。

ジークについては「【進撃の巨人】ジーク・イェーガーの目的などの詳細情報まとめ【獣の巨人の継承者】」にさらに詳しくまとめています。

 

5位 ミカサ・アッカーマン

アッカーマン一族の人間で戦闘能力が非常に高い。訓練兵を卒業する時の成績は首席で、訓練兵の時から「兵士100人分に相当する人材」という高い評価を得ていた。4年後になって九つの巨人と戦うシーンがほとんど描かれていないのでなんとも言えないが、4年前から鎧の巨人と戦えるほどの実力があったので、今は九つの巨人相手にタイマンでも勝てるほどの実力があるとの予想でこの順位とさせていただきました。

ミカサについては「【進撃の巨人】ミカサアッカーマンの詳細情報まとめ【漫画界最強のヒロイン】」にさらに詳しくまとめています。

 

4位 ケニー・アッカーマン

画像右上

アッカーマン一族の一人でリヴァイの育ての親。中央第一憲兵の中の対人制圧部隊の隊長で、対人立体起動装置という対人向けに作られた特殊な立体起動装置を使って戦う。リヴァイが「俺に匹敵する実力」と言っていたので、この順位とさせていただきました。ただ、巨人との戦闘経験がないのでポテンシャルは高いと思いますが、実際の実力がどうなのかはわかりません。

ケニーについては「【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの過去や名言まとめ【作中屈指の実力者】」にさらに詳しくまとめています。

 

3位 リヴァイ・アッカーマン

画像右下

アッカーマン一族の一人で「人類最強の兵士」と称される作中最強キャラ。その実力は「一個旅団に相当する(兵士4,000人分)」と言われ、作中でも他の追随を許さないほどの活躍をしてきた。30体の巨人に囲まれた状態からなんとか脱出したり(しかもジークの叫びの力で生み出された巨人なので、通常の無垢の巨人よりも強め)、獣の巨人や女型の巨人といった九つの巨人を圧倒したりと、巨人化能力を持たないキャラの中では間違いなく最強のキャラと言えるでしょう。

リヴァイについては「【進撃の巨人】リヴァイ・アッカーマンの過去・名言・死亡シーンまとめ【人類最強の兵士】」にさらに詳しくまとめています。

 

2位 アルミン・アルレルト

104期生の一人で卒業時の成績は10番以内に入っていません。身体能力には優れませんが、座学に優れ作戦立案能力や状況を打開する力に長けている。人類が巨人に勝利する上では欠かすことができない人材となった。現在はベルトルトから超大型巨人を継承している。今までの作品内の描写を見る限り、まともに戦って超大型巨人を攻略する術はないので、超大型巨人の力を有するアルミンを第2位とさせていただきました。変身するだけで辺り一帯を爆風で吹き飛ばす能力は戦争において最強すぎます。

アルミンについては「【進撃の巨人】アルミン・アルレルトについての情報まとめ【作中屈指のキレ者キャラ】」にさらに詳しくまとめています。

 

1位 エレン・イェーガー

画像左

104期生の一人で5番目の成績で卒業した。現在、始祖の巨人・進撃の巨人・戦槌の巨人と九つの巨人の力を3つも継承している。まず始祖の巨人の力を継承している時点でポテンシャルとしては最強です。王家の血を引いていないのでエレン一人では真の力を発動することはできませんが、ジークと接触することで壁内の超大型巨人を呼び覚まし、地鳴らしの力で世界を壊滅させる力も持っています。また、戦槌の巨人の力を継承したことで硬質化能力がかなり進化し、地面からトゲを出現させて広範囲を攻撃することも可能。対巨人戦においても最強クラスの力を手にしました。ということで、進撃の巨人に登場するキャラの中で最強のキャラをエレンに選ばせていただきました。

エレンについては「【進撃の巨人】エレン・イェーガーの目的などの詳細情報まとめ【巨人の駆逐を誓う主人公】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、進撃の巨人の最強キャラランキングを作成してみました。僕が選ぶランキングはこのようになりましたが、人によっては別のランキングになってくると思います。「自分はこう思う」というご意見があれば、ぜひコメント欄で教えてください。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。