進撃の巨人

【進撃の巨人】不戦の契りとは【始祖の巨人が発動不可!?】

王家の人間が始祖の巨人を継承した時に発動してしまう不戦の契り。「なんか聞いたことあるけど、不戦の契りってなんだっけ??」となってしまっている人も多いと思いますので、今回不戦の契りについての情報をまとめています。不戦の契りの情報を思い返したい方は、ぜひご覧ください。

 

不戦の契りとは

 

145代フリッツ王が始祖の巨人と交わした契約

不戦の契りは、145代フリッツ王が始祖の巨人と交わした契約のこと。内容は、王家の人間であるフリッツ家(後にレイス家となる)が始祖の巨人を継承した際、145代フリッツ王であるカール・フリッツの思想に取り憑かれるというもの。始祖の巨人は、巨人をはじめすべてのエルディア人を自由にコントロールできる力があるが、不戦の契りのせいでその力が発揮されることは今までなかった。始祖の巨人の力は王家の血を引く人間でないと力を発揮することができませんが、カール・フリッツが不戦の契りを交わしてしまったために、王家の人間が始祖の巨人を継承しても力を発動させることができない状況になってしまっています。

 

カール・フリッツの思想

不戦の契りは王家の人間が始祖の巨人の力を発動した際、カール・フリッツの思想に取り憑かれてしまうというものですが、カール・フリッツがどういう思想の持ち主なのかをまとめておきます。

カール・フリッツは平和主義者です。エルディア人の始祖であるユミル・フリッツは、死後自身の魂を九つに分け、それが九つの巨人となりました。エルディアは九つの巨人の力で他国を蹂躙していき、大陸の支配者となっていきました。カール・フリッツが始祖の巨人を継承したことがきっかけで巨人大戦が起こりましたが、カール・フリッツは戦いを望んでいまでせんでした。そこで、戦いを放棄し、一部のエルディア人を連れてパラディ島に逃げ込み、始祖の巨人の力を使って三重の壁を築き、仮初めの平和を手にしようとしたのです。世界はいまだに巨人に変身する能力を有するエルディア人のことを恐れ、エルディア人の根絶が望まれていますが、カール・フリッツは「世界がエルディア人の根絶を望むのであれば、それを受け入れる」と考えています。そのため、不戦の契りでカール・フリッツの思想に取り憑かれてしまうと始祖の巨人の力を使って戦うという発想にならず、今まで始祖の巨人の力は使われてこなかったのです。

 

不戦の契りの抜け道があることが判明

始祖の巨人の力を発動するにはフリッツ家の人間が力を継承しないといけない。しかし、フリッツ家が始祖の巨人を継承すると不戦の契りが発動してしまうということで、始祖の巨人の力を使えない状況となってしまいましたが、ある方法を用いることで始祖の巨人の力を使うことが作中で明らかになっています

始祖の巨人継承者が巨人となった王家の人間に触れることで、始祖の巨人の力を発動できることが明らかになりました。エレンライナーにさらわれた時、巨人に囲まれて絶対絶命の状況となりましたが、エレンが叫びながらカルラを捕食した巨人に触れた瞬間、始祖の巨人の力が発動し、エレンが周囲の巨人を操ることができていました。あの時エレンが触れた巨人は、フリッツ家の末裔であるダイナ・フリッツだったのです。たまたまエレンが触れた巨人の正体が王家の血を引く人間だったので、あの時エレンは始祖の巨人の力を発動できていたのです。現在、獣の巨人の力を有するジークが王家の血を引いているので、エレンがジークに触れることで始祖の巨人の力を発動することが可能です。

まとめ

以上、不戦の契りについてまとめてみました。不戦の契り付近の情報はけっこうややこしいので、忘れてしまっている人も多いと思います。ぜひ、ここで思い返して、進撃の巨人をより楽しんでいってください。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。