進撃の巨人

【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの過去や名言まとめ【作中屈指の実力者】

作中最強キャラのリヴァイに匹敵する実力を誇るケニー・アッカーマン。アッカーマンの性だったので、リヴァイやミカサとの関係性など、当時は様々な考察がありました。今回、ケニーについて作中で明らかになっている情報をまとめました。

 

ケニー・アッカーマンとは

 

中央第一憲兵団の対人制圧部隊の隊長

ケニーは中央第一憲兵団の対人制圧部隊の隊長。壁内の真の王家であるロッド・レイスの命で調査兵団といった不安分子を潰す役割を担っており、調査兵団のエレンやヒストリアをさらったり、フリーブス商会のディモ・リーブスやヒストリアの母であるアルマを殺害したりしている。過去に始祖の巨人の力を有するウーリ・レイスを襲うが返り討ちに遭い、今までレイス家アッカーマン一族にしてきた仕打ちを謝罪するウーリの人間性に惚れ込みウーリの力になることを決意する。その頃から中央憲兵に所属し、対人制圧部隊を組織するようになった。

 

リヴァイ並みの戦闘能力を誇る

ケニーは作中最強キャラであるリヴァイに匹敵するほどの戦闘能力を有する。「対人制圧部隊」とあって、対人間相手に特化した特殊な立体起動装置を装備しており、拳銃のように銃撃できる武器を駆使して戦う。アッカーマン一族であり、その血筋が高い戦闘能力に関係している。

 

リヴァイの育ての親

今や「人類最強の兵士」として調査兵団に所属しているリヴァイだが、リヴァイはケニーによって育てられた。ケニーは生き別れになったクシェルという妹がおり、クシェルが身ごもったのがリヴァイであり、リヴァイにとってケニーは叔父にあたる。地下街で生き残る術をリヴァイに教え込んでいた。

 

始祖の巨人の力を継承することを目的としていた

ケニーはエレンが有する始祖の巨人の力を継承することを目的としていた。そのため、継承の儀式が行われる時までロッド・レイスに協力していたが、「レイス家でなければ始祖の巨人の力を使うことができない」と聞かされた時はひどく意気消沈していた。

 

ロッド・レイスが巨人化する際の爆風に巻き込まれて死亡

ロッド・レイスの命でエレンとヒストリアをさらい、始祖の巨人を継承する儀式が進められる。そこでロッド・レイスが巨人化の注射を自身に打ち込み、超超大型巨人になった際の爆風に巻き込まれ致命傷を負ってしまう。最期はリヴァイに巨人化の注射を託し、衰弱しながら死亡した。

 

ケニーのモデルはGTAⅤのトレバー・フィリップス

ケニーのモデルとなっているのは、「グランド・セフト・オートⅤ」という人気ゲームのトレバー・フィリップスというキャラ。公式ガイドブック「進撃の巨人 ANSWER」でそれが明らかになりました。「トレバーのようなクレイジーなキャラを描きたかった」ということで、ケニーが誕生したそうです。

 

ケニーの名言

 

酒だったり・・女だったり・・神様だったりもする 一族・・王様・・夢・・子供・・力・・ みんな何かに酔っ払ってねぇとやってらんなかったんだな・・

ケニーの死の間際の言葉。壁内で生きることしかできない人類を指しながらのセリフですが、我々の世界でも言えそうな言葉ですね。

 

ケニーと関係のあるキャラ

 

リヴァイ・アッカーマン

人類最強の兵士。ケニーにとっては甥にあたり、地下街を生き残る術を教えてきた。

リヴァイについては「【進撃の巨人】リヴァイ・アッカーマンの過去・名言・死亡シーンまとめ【人類最強の兵士】」にさらに詳しくまとめています。

 

ウーリ・レイス

壁内の真の王家であるレイス家の人間で、かつての始祖の巨人の継承者。ケニーはウーリの人間性に惚れ込み、ウーリの力になることを決意した。




まとめ

以上、ケニーについてまとめてみました。敵キャラとして登場しましたが、ケニーには信念があり、かっこいいと思える敵キャラでしたね。こういう敵キャラは漫画には欠かせないと思います。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。