進撃の巨人

【進撃の巨人】カール・フリッツとは【145代目フリッツ王で不戦の契りの契約者】

戦いを放棄し、パラディ島に三重の壁を築き、不戦の契りを交わした作中重要人物であるカール・フリッツ。すでに死んでしまっている人物なので作中での登場こそありませんが、カール・フリッツの情報はとても重要なので、作中で明らかになっている情報をまとめています。

 

カール・フリッツとは

 

145代目のフリッツ王

カール・フリッツはエルディア国の王家である145代目のフリッツ家の人間。フリッツ家ということで始祖の巨人の力を継承しています。

 

戦いを放棄して三重の壁を築く

カール・フリッツは始祖の巨人を継承する以前からエルディア帝国の残虐な歴史を嘆き、同族同士の醜い争いに疲れ果て、虐げられ続けてきたマーレに心を痛めていた。そこで始祖の巨人の力を継承すると同時にタイバー家と結託し、エルディア帝国の歴史に終止符を打つことに身を捧げました。エルディアは同士討ちに倒れていき、カール・フリッツはできる限りのエルディア国民を島に移し、そこで三重の壁を築いて一時の平和を享受しようと考えたのです。パラディ島に移ったカール・フリッツは、始祖の巨人の力で壁内人類の記憶を改ざんし、「壁の中以外の人類はすべて滅んでしまった」という記憶に変えてしまい、今の進撃の巨人世界の状況を生み出しました。カール・フリッツは平和主義者で、「もしマーレがエルディア人の殲滅を願うのであればそれを受け入れる」「それほどまでにエルディア人の犯した罪は重く決して罪を償うことはできない」「そもそもエルディア人・・・巨人は存在してはいけなかった」「我々は間違いを正すことを受け入れる」「ただしいずれ報復を受け入れるまでの間壁の中の世界に争いの無い束の間の楽園を享受したい」「どうかそれだけは許してほしい」という言葉を残していきました。

 

不戦の契りを交わす

始祖の巨人には「すべてのエルディア人を操ることができる」という能力がありますが、この能力を発動できるのは王家であるフリッツ家が継承した時のみ。しかし、カール・フリッツはフリッツ家の人間が始祖の巨人を継承した時に不戦の契りが発動するようにしてしまいました。不戦の契りが発動すると、カール・フリッツの思想に取り憑かれてしまうので、そのせいで今まで始祖の巨人の力が発動されることはありませんでした。不戦の契りに関しては「【進撃の巨人】不戦の契りとは【始祖の巨人が発動不可!?】」にまとめているので、詳しくはそちらをご覧ください。

まとめ

以上、カール・フリッツについてまとめてみました。カール・フリッツは過去の人間なので作中の登場こそありませんが、作中重要人物の一人です。三重の壁を築いたり、不戦の契りを交わしたりと作中でもかなり影響力のあるキャラなので、今後さらに深掘りされていくかもしれませんね。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。