進撃の巨人

【進撃の巨人】カルラ・イェーガーの死亡シーンや名言まとめ【主人公エレンの母親】

主人公エレンの母親として登場したカルラ・イェーガー。主人公の母親にも関わらずいきなり巨人に捕食されて死亡したのはなかなか衝撃的でしたよね。今回、カルラについて作中で明らかになっている情報をまとめています。

 

カルラ・イェーガーとは

https://twitter.com/yX3eHqhhVW9rasg/status/1050040850837778432

 

エレンの母親

進撃の巨人主人公エレンの母親。マーレから壁内にやって来たグリシャと結婚し、エレンを産んだ。

 

グリシャとは酒場で働いていた時に出会う

壁の外にいたところを当時調査兵団だったキースが発見する形でグリシャは壁内に連れて来られる。調査兵団に興味を持ったグリシャは、キースと共に酒場で話を交わす。カルラはその酒場で働いており、グリシャとはそこで出会った。元々医者の知識があったグリシャは壁内でも医者となっており、伝染病にかかった際にグリシャによって救われた。その後、グリシャと結婚に至っている。

 

ダイナ・フリッツの巨人に捕食され死亡

カルラは超大型巨人が襲来し壁を蹴破った時、その時に飛び散った瓦礫に潰され身動きが取れなくなってしまっていた。ミカサとエレンが助けようと駆けつけるが、子供の力でカルラを助けることはできなかった。そこに空いた壁から侵入して来た巨人が現れる。駐屯兵団のハンネスが駆けつけるが、カルラは「子供たちを連れて逃げて」とハンネスに頼む。巨人と戦い3人とも助けるリスキーなほうを選ぶか、カルラを置いて子供2人を確実に助けるほうを選ぶか葛藤した末、ハンネスはカルラを置いて2人の子供を確実に助けるほうを選んだ。死の間際、カルラが家族と過ごした時間を思い出し「行かないで」と口にしてしまったシーンはなかなかのトラウマものである。ちなみにカルラを捕食した巨人は、後にマーレでグリシャと結婚をしていたダイナ・フリッツだと判明した。巨人となり自我を失っているにも関わらず、グリシャの新しい結婚相手を捕食するとは因果なものだ。

 

カルラの名言

 

特別じゃなきゃいけないんですか? 絶対に人から認められなければダメですか? 私はそうは思ってませんよ 少なくともこの子は・・ 偉大になんてならなくてもいい 人より優れていなくたって・・ だって・・見てくださいよ こんなにかわいい だからこの子はもう偉いんです この世界に生まれて来てくれたんだから

キースにディスられた時に返したセリフ。スカッとする返しですね。

 

関係のあるキャラ

 

エレン・イェーガー

https://twitter.com/E235touch586/status/979594317458108416

本作の主人公。エレンはカルラの子。

エレンについては「【進撃の巨人】エレン・イェーガーの目的などの詳細情報まとめ【巨人の駆逐を誓う主人公】」にさらに詳しくまとめています。

 

グリシャ・イェーガー

カルラの夫。

 

キース・シャーディス

エルヴィンの前の調査兵団団長。カルラに恋をしていた。




まとめ

以上、カルラについてまとめてみました。カルラは主人公の母親として登場しましたが、いきなり巨人に捕食されて死亡したのがなかなか衝撃的でした。この漫画の雰囲気をいきなり象徴するシーンのような感じがして印象的でしたね。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。