約束のネバーランド

【約束のネバーランド】作中最弱の鬼wルーチェとは?

GP(ゴールディ・ポンド)で狩りを楽しむ鬼の一人ルーチェ。GP(ゴールディ・ポンド)で登場した鬼の中で最弱の鬼として描かれていたルーチェですが、今回ルーチェについて作中でわかっている情報をまとめています。

 

ルーチェとは

画像左

 

GP(ゴールディ・ポンド)で狩りを楽しむ鬼の一人

ルーチェは、バイヨン卿が所有するGP(ゴールディ・ポンド)で狩りを楽しむの一人。

 

GP(ゴールディ・ポンド)で狩りをする鬼の中では最弱

GP(ゴールディ・ポンド)で狩りをしている鬼の中では最弱。常に手下を連れて狩りをしており、手下がいないと銃を持った人間が相手だとまったく太刀打ちできないほどに弱い。まだ若いようで、再生力は高い模様。

 

弱い人間を狩ることを楽しんでいる

「ボクはまず雑魚を蹂躙したい 楽しく狩れれば何でもいいよ」という発言をしており、弱い人間を狩ることで楽しんでいる模様。と言うより、自身が相当に弱いので弱い人間を狩ることしかできないのもあると思われる。

 

ジリアン&ナイジェルに敗れ死亡

GP(ゴールディ・ポンド)でジリアン&ナイジェルと戦うが、部下を全員倒され無力化されてしまう。一人となり追い詰められ、命乞いをするもジリアンに撃たれ死亡する。




まとめ

以上、ルーチェについてまとめてみました。GP(ゴールディ・ポンド)の鬼の中で最弱の鬼ということで、良いやられっぷりを見せてくれましたwやっぱり漫画にはああいう敵キャラは必要ですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。