七つの大罪

【七つの大罪】光の聖痕(スティグマ)とは?メンバー一覧!

3000年前の聖戦でメリオダスも所属していた光の聖痕(スティグマ)。魔神族以外の4種族からなり、聖戦の終結のために魔神族と戦っていました。今回、光の聖痕(スティグマ)がどのような組織だったか、また光の聖痕(スティグマ)のメンバーをまとめています。

 

光の聖痕(スティグマ)とは

 

女神族を柱とした対魔神族の連合

光の聖痕(スティグマ)は3000年前の聖戦のときにあった連合。女神族を柱に巨人族・妖精族の3種族からなる連合だったが、後に人間も加わり4種族合同となる。魔神族と戦い、聖戦の終結を望んでいる。

 

光の聖痕(スティグマ)のメンバー一覧

 

メリオダス

画像左下

魔神族から寝返り光の聖痕(スティグマ)に加わった。

 

エリザベス

https://twitter.com/kusiro31/status/1083333681471619072

女神族。敵対する魔神族を根絶する形ではなく、魔神族との和平という形での終結を望んでいる。

 

グロキシニア

初代妖精王。ロウの裏切りで光の聖痕(スティグマ)メンバーが壊滅させられたのを見てロウを殺害。その後怒りを抱えたまま魔神族の十戒に身を置く。

グロキシニアについては「【七つの大罪】初代妖精王!グロキシニアの強さ・魔力・闘級まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

ドロール

画像右上

巨人族の始祖。十戒のゼルドリスに敗れ、そのまま十戒に加わる。

ドロールについては「【七つの大罪】巨人族の始祖!ドロールの強さ・魔力・闘級まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

ロウ

途中から光の聖痕(スティグマ)のメンバーに加わる。かつて光の聖痕(スティグマ)に村を潰されており、光の聖痕(スティグマ)に恨みをもっていた。仇を討つべく光の聖痕(スティグマ)を裏切り、アジトにいたメンバーを殺害。駆けつけたグロキシニアの怒りを買い殺されてしまった。

 

ネロバスタ

女神族の神兵長でリュドシエルの部下。ゴウセルの魔力で洗脳され、ゴウセルとメラスキュラを天界の門に連れて行ってしまった。

 

リュドシエル

画像右上

四大天使の一人。魔神族を根絶やしにして聖戦の終結を望んでいる。

リュドシエルについては「【七つの大罪】もっとも鬼畜な四大天使!リュドシエルの強さや恩寵まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

ゲラード

画像左下

グロキシニアの妹で妖精族。ロウの裏切りでボロボロにされてしまう。

 

サリエル

女神族四大天使の一人。聖戦ではデリエリモンスピート十戒と戦っていた。

 

タルミエル

女神族四大天使の一人。聖戦ではサリエルとともにデリエリやモンスピートら十戒と戦っていた。

 

マエル

女神族四大天使の一人。聖戦時は天界で戦っていた模様。ゴウセルの禁呪によって十戒のエスタロッサにさせられてしまう。

マエルについては「【七つの大罪】四大天使最強の男マエルのまとめ」に詳しくまとめています。




まとめ

聖戦時に登場した光の聖痕(スティグマ)についてまとめました。作中の重要キャラが多く所属していた組織なので、忘れてしまっていた人はチェックしておいてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。