七つの大罪

【七つの大罪】四大天使最強の男マエルのまとめ

エスタロッサの正体が四大天使最強の男マエルだということがわかり、すでに死んでいたと思われていたが生きていることがわかりました。これから戦いに加わるようですし、現在作中でわかっているマエルの情報をまとめておきます。

 

マエルとは

 

四大天使最強の男

マエルは女神族四大天使の中でも最強と呼ばれている。マエルの闘級は明かされていないが、兄であるリュドシエルの闘級が20万1000であることからそれ以上の闘級であることが予想される。

 

太陽(サンシャイン)の恩寵を賜る

マエルは最高神より太陽(サンシャイン)の恩寵を賜っている。今は七つの大罪のエスカノールの魔力となっているが。太陽(サンシャイン)の能力は、正午になるにつれどんどん闘級が上がるというもの。正午を迎えてからの1分間は天井天下唯我独尊(ザ・ワン)という状態になり、最強の力を見せる。エスカノールの場合、日が出てるうちは筋骨隆々な姿で夜はヒョロガリになっていたがマエルもそのような変化があるのだろうか??

 

エスタロッサの正体

「マエルは過去、十戒のエスタロッサに殺された」となっていたが、実はそれは誤りで、エスタロッサの正体がマエルだった。十戒の一人、無欲のゴウセルは、聖戦を止めるために禁呪を発動し、四大天使の中でも最強だったマエルを「十戒のエスタロッサ」という人物に書き換える。ゴウセルの禁呪はあまりに強力で、マエルを知るすべての人物の記憶を「魔神王の息子で、メリオダスの弟のエスタロッサ」という架空の人物にすり替えてしまった。そのため、作中に登場していたエスタロッサの正体こそがマエルである。その事実を知ったマエルはひどいショックと怒りを感じ、4つの戒禁を取り込み暴走するがキングやゴウセルの力でマエルを正気に戻させた。

 

エリザベスのことを好いていた

マエルはエリザベスのことが好きだった。エスタロッサがエリザベスにこだわっていたのはその影響である。だが、エリザベスはメリオダスを選んだためマエルの恋が叶うことはなかった。

 

技一覧

 

救済の矢

光の矢を放つ攻撃。

 

慈愛の光玉

戒禁を4つ取り込んだ状態のマエルがつかった技。慈愛の戒禁の力をつかって超巨大な爆発を起こす。

 

真実の鐘

戒禁を4つ取り込んだ状態のマエルがつかった技。真実の戒禁の力をつかって幻術を打ち破る鐘を生み出す。

 

沈黙の大鎌

戒禁を4つ取り込んだ状態のマエルがつかった技。沈黙の戒禁の力をつかい、攻撃を与えると魔力を発動できなくなる巨大な鎌を出現させる。

 

純潔の香

戒禁を4つ取り込んだ状態のマエルがつかった技。純潔の戒禁の力をつかい、相手の幻術を見せる香りを漂わせる。

 

偉大なる太陽

太陽(サンシャイン)の恩寵を取り戻したマエルの技。エスカノールの無慈悲な太陽(クルーエル・サン)に似た技だが、無慈悲な太陽(クルーエル・サン)よりも威力は上。

 

関係のあるキャラ

 

リュドシエル

女神族の四大天使長。マエルとは兄弟関係にあり、マエルの兄である。

リュドシエルについては「【七つの大罪】もっとも鬼畜な四大天使!リュドシエルの強さや恩寵まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

エスタロッサ

十戒の一人。エスタロッサの正体はマエルであり、ゴウセルによって記憶を書き換えられていただけだと判明した。

エスタロッサについては「【七つの大罪】その正体に衝撃!?エスタロッサの強さ・戒禁・魔力まとめ!」にさらに詳しくまとめています。




まとめ

エスタロッサの正体がマエルとわかったときはなかなかに衝撃でした。マエルは七つの大罪側に加わり、戦いに参加するようですがいったいどれほど強いのか気になるところ。「四大天使最強」と呼ばれていたとあって、相当に強いことが期待されますが、今のマエルには恩寵太陽(サンシャイン)の力がありません。もしかすると、エスカノールからマエルの元に恩寵が戻る可能性も考えられますね。今後が楽しみなところ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。