七つの大罪

【七つの大罪】メリオダスの弟!ゼルドリスの強さ・戒禁・魔力・闘級まとめ!

メリオダスの弟であり、十戒の中でも重要なキャラとなっているゼルドリス。魔神王から魔力を借り受けていたりと、十戒の中でも特に実力の高いキャラとなっています。今回、ゼルドリスの闘級や魔力、戒禁などの詳細情報をまとめています。

 

ゼルドリスとは

画像右下

 

闘級は6万1000

ゼルドリスの闘級は6万1000(魔力1万 武力4万7200 気力3800)。ただ、闘級20万1000のリュドシエルと普通に戦っていたので、実際の闘級はもっと高いと思われる。

 

十戒のまとめ役

ゼルドリスは魔神王から戒禁を与えられた10人の魔神族、十戒のまとめ役的ポジションを担っています。明確に立場が上というわけではありませんが、十戒の指針を決めたりと、実質的リーダーとなっています。

 

魔神王の子供でメリオダスの弟

ゼルドリスは魔神王の息子でメリオダスの弟。3000年前の聖戦でメリオダスが四種族側に寝返ったことを恨んでおり、今もなお兄であるメリオダスを目の敵としている。ちなみにエスタロッサもゼルドリスの兄として登場したが、その正体は四大天使のマエルだった。詳しくは「【七つの大罪】四大天使最強の男マエルのまとめ」をご覧ください。

 

戒禁は敬神

十戒は魔神王からそれぞれ戒禁を与えられているが、ゼルドリスが与えられた戒禁は敬神。ゼルドリスに対して背を向ける者を魔神王ひいてはゼルドリスへの背信とみなし、強制的に服従させてしまう。この戒禁の力でキャメロットの兵を服従させ、いとも簡単に城を落としていた。

 

魔神王の魔力を借り受けている

ゼルドリスは魔神王の魔力を借り受けており、いわば魔神王の代理として活動している。魔神王の魔力は魔神王、またの名を支配者(ザ・ルーラー)と言い、相手の魔力攻撃を無効化する反転能力となっている。詳しくは「【七つの大罪】メリオダス因縁の相手!魔神王の強さや魔力まとめ!」をご覧ください。

 

吸血鬼一族のゲルダと恋に落ちる

ゼルドリスは吸血鬼一族のゲルダという女性と恋に落ちていた。ほとんどの魔神族がたいした理由もなく女神族や他種族と争いを起こす中、ゼルドリスはゲルダを護るために非情な処刑人として戦うことを望んだ。メリオダスが魔神族を裏切ったことをきっかけに、魔神王に隷属することを不服としていた配下の吸血鬼一族が魔神王への謀反を企む。しかし、謀反は失敗に終わり、ゼルドリスは見せしめに吸血鬼一族を処刑するよう魔神王に命じら、自分自身の手で恋人のゲルダを処刑してしまった。そのきっかけを作ったためにメリオダスを今も恨んでおり、自身が魔神王となってゲルダを蘇らせることを望んでいた。「ゲルダは生きている」ということをメリオダスから聞かされると、メリオダスが魔神王になることに協力的になった。

 

自身の魔力は凶星雲(オミノス・ネビュラ)

ゼルドリス自身の魔力は凶星雲(オミノス・ネビュラ)。自身の闇を高速で回転させ渦を生み出し、真空に空気が流れ込むように周囲の生物を猛烈に引き寄せる。そして、間合いに入るあらゆるものを脊髄反射による回避不可能の神速の斬撃で斬り散らかす技。その吸引力は凄まじく、リュドシエルエスカノールといった作中最強キャラでも抗うことはできない。

 

技一覧

 

怒りの日(ディエス・レイ)

超巨大な闇の柱で攻撃する。




まとめ

メリオダスの弟と、十戒の中でも特に重要なキャラとして描かれているゼルドリス。ゼルドリスの宿願であるゲルダとの再開は叶うのでしょうか??ゼルドリスの今後に注目していきたいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。