七つの大罪

【七つの大罪】初代妖精王!グロキシニアの強さ・魔力・闘級まとめ!

十戒のメンバーで初代妖精王でもあるグロキシニア。今回、グロキシニアについて作中でわかっている情報をまとめています。グロキシニアについて詳しく知りたい方はご覧ください。

 

グロキシニアとは

 

十戒メンバーの一人

グロキシニアは、3000年前に封印された十戒のメンバーの一人として登場した。魔神王から与えられた戒禁は安息だが、作中で詳細が明らかになることはなかった。

 

ドロールとともにバイゼル大喧嘩祭りを開催

グロキシニアは、強い魂を集めるためにバイゼル大喧嘩祭りを同じ十戒のドロールとともに開催。突破したメリオダスらに戦いを仕向けるが、エスカノールがゴウセルと戦っている最中に突如グロキシニア&ドロールに攻撃を仕掛け、それを見たメリオダスが戦いを仕掛けてくる。メリオダスに追い詰められるものの、途中で十戒が乱入し難を逃れる。

 

正体は初代妖精王

グロキシニアの正体は魔神族ではなく初代妖精王。3000年前に起きた聖戦以降、魔神族側に加わり十戒のメンバーとなっている。

 

聖戦時に妹のゲラードが襲われたことが原因で十戒に加わる

グロキシニアが十戒に加わったのは3000年前に起きた聖戦の時。聖戦の途中、仲間であった光の聖痕(スティグマ)のロウを筆頭に人間の裏切りにあい、妹であるゲラードが致命傷を負う。この時、まだゲラードは生きていたが、殺されたと勘違いしたグロキシニアは怒りのままロウを殺害。この一件がきっかけで、グロキシニアは魔神族側につき十戒のメンバーに加わる。

 

最上位魔神チャンドラーに敗れ死亡

メリオダスの師である最上位魔神のチャンドラーに追い詰められるキングたちの元にドロールとともに登場。チャンドラーを足止めするものの、チャンドラーの圧倒的な力に敗れ、ドロールとともに死亡する。

 

魔力は災厄(ディザスター)

三代目妖精王であるキングと同じ魔力。かすり傷を重傷化させたり、毒を猛毒に変えたり、小さな腫瘍を増大させたりと、状態異常を促進させる能力。

 

闘級は5万

グロキシニアの闘級は5万。闘級の内訳は魔力 47000・武力 0・気力 3000となっています。

ちなみに七つの大罪キャラの闘級の高さランキングを「【七つの大罪】完全最新版!作中で明らかになっている全闘級の高さランキング!」にまとめているので、他のキャラの闘級も知りたい方はそちらもご覧ください。

 

霊槍バスキアスを所持

グロキシニアは神樹に選ばれし最初の者に授けられた伝説の霊槍、霊槍バスキアスを所持している。キングの霊槍シャスティフォル同様、様々な形態に変化させることが可能。

 

第一形態 霊槍(バスキアス)

槍状のバスキアス本来の形態。

 

第二形態 守護虫(ガーディアン)

巨大な虫に変化させる。

 

第五形態 神樹の鎧(ユグドラ・アーマー)

鎧の形態。

 

第七形態 月の華(ムーン・ローズ)

回復技技を発動できる形態。

 

第九形態 死荊(デスゾーン)

光華(サンフラワー)で排除しきれない害悪を死滅させるために神樹のはるか上層に生える恐怖の荊。荊状となり敵を貫く攻撃を放つ。荊は大量に出現するので、非常に広い範囲を攻撃することができ、バイゼル大喧嘩祭りの迷宮に参加していた人間を一網打尽にした。

 

第十形態 翠蛸(エメラルド・オクト)

槍をタコ足状に変化させる。タコ足で攻撃することも可能。

 

技一覧

 

生命の雫

霊槍バスキアス第七形態の月の華(ムーン・ローズ)で発動できる技。対象を回復させることが可能。ただ、無限につかえるわけではなく、つかい切ってしまうとしばらく時間を置かないとつかうことはできない。

 

呪蔓樹(ジュマンジュ)

樹でできた怪物を出現させる技。

 

壊死毒(ネクロシス)

霊槍バスキアス第二形態の守護虫(ガーディアン)で発動できる技。虫となったバスキアスの針で相手を刺し、刺した箇所を麻痺させる技。




まとめ

以上、グロキシニアについてまとめてみました。最初は敵として登場しましたが、最終的にはキングに修行をつけたりと仲間になってくれた良いキャラでしたね。十戒になった経緯がわかった時も少し泣けてしまいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。