転生したらスライムだった件

【転生したらスライムだった件】ヴェルドラ=テンペストの強さまとめ

転生したらスライムだった件の主人公であるリムルの相棒的存在であるヴェルドラ=テンペスト。ヴェルドラは世界に4種しか存在しない竜種であり、天災級(カタストロフ)モンスターで、非常に恐れられている存在です。今回、そんなヴェルドラについて作中で明らかになっている情報をまとめたので、ヴェルドラについて詳しく知りたいという方は、ぜひご覧になっていってください。

 

ヴェルドラ=テンペスト

 

「暴風竜」の異名を持つ天災級(カタストロフ)モンスター

ヴェルドラは、「暴風竜」の異名を持つ天災級(カタストロフ)モンスター。転生したらスライムだった件の世界において、たった4種しかいないとされる竜種の中の一体。300年前に勇者の絶対切断・無限牢獄のユニークスキルによって封印されてしまった。

 

現在はリムルの中に存在する

主人公が転生した際、最初に出会ったのがヴェルドラである。人間好きでおしゃべり好きなヴェルドラはリムルと意気投合し、リムルは300年前に勇者に封印されてしまったヴェルドラの封印を解く方法を探すことを決める。そして、リムルのユニークスキル捕食者でヴェルドラを体内に吸収され、ヴェルドラは現在リムルの体内に存在している

 

十大魔王ですら恐れるほどの存在

転生したらスライムだった件におけるヴェルドラの脅威度は相当なようで、作中最強クラスのキャラであるミリムを含む十大魔王ですら、ヴェルドラが封印されているジュラの大森林へ不可侵条約を結び、封印が解けないように警戒していたほどである。

 

関係のあるキャラ

 

リムル=テンペスト

転生したらスライムだった件の主人公。転生してすぐにヴェルドラに出会い、ユニークスキルの捕食者でヴェルドラを体内に吸収した。

まとめ

以上、ヴェルドラ=テンペストについての情報をまとめてみました。漫画版ではヴェルドラについてわかっている情報は少ないですが、作中における重要キャラだと思いますので、これからの活躍に注目しておきたいところ。今後、ヴェルドラの封印が解かれることになるのか気になりますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。