ワンピース

【ワンピース】クロコダイル女説が確定的な5つの理由【否定派の意見も掲載】

ワンピースに登場するクロコダイルには「実は女なのでは??」という噂があります。今回は、クロコダイルの正体は女と言われている理由をまとめています。クロコダイルの正体について気になる方はご覧ください。

 

クロコダイルに女説がささやかれる5つの理由

 

1.ピアスを右耳にしている

ピアスをつけない人にとっては「?」だと思いますが、普通男性は左耳に、女性は右耳につけるものです。男性が右耳につけているとゲイであることを示し、女性が左耳につけているとレズであることを示すからです。ただ、クロコダイルがピアスをつけているのは右耳。これは「クロコダイルが女である」ことを示唆している描写なのかもしれませんね。

 

2.若い時の姿が後ろ姿で顔が描かれていない

これはワンピース0巻のロジャーの公開処刑が行われる場に七武海メンバーも来ていたことが描かれたシーン。七武海メンバーの若かりし姿が描かれていますが、クロコダイルだけ意味深に後ろ姿しか描かれておらず、顔が描かれていません。これは「当時はまだ女だったからでは??」と噂されています。

 

3.髪にツヤがあるように描かれている

クロコダイルの髪にはツヤがあるように描かれています。「それが女説の根拠になるの??」と思われるかもしれませんが、実はワンピースの男キャラで髪にツヤがあるように描かれているキャラはクロコダイルにはいません。一方、女キャラにはクロコダイルと同じように髪にツヤがあるような描かれ方をしています。

このことから、「髪にツヤがある描かれ方をしているクロコダイルはやっぱり女なのでは??」と言われています。

 

4.性別を変えることができるイワンコフが弱みを握っている

革命軍メンバーのイワンコフは、ルーキー時代のクロコダイルのなにかしらの弱みを握っていることがわかっています。イワンコフは性別を変えることができるホルホルの実の能力者。性別を変えることができるイワンコフが握る弱みとなると、「ルーキー時代のクロコダイルがイワンコフに性別変更を依頼した」と予想ができますよね。

 

5.クロコダイルのモデルとなったキャラが男なのに女のような体をしている

ワンピースの七武海メンバーは、「ロマンシングサガ」というゲームの七英雄がモデルとなっている。クロコダイルのモデルとなっているのは、ワグナスというキャラなのだが、そのワグナスは男にも関わらず胸があるようなキャラデザインとなっている。七武海のキャラは七英雄のキャラの設定がかなり活かされているので、「ワグナスが女の体」という設定がクロコダイルに活かされている可能性は大いにありますね。




クロコダイル女説否定派の声も

クロコダイル女説には十分すぎる根拠が揃っていますが、女説否定派の根拠もあります。それがこちら。

これはSBSコーナーで描かれたクロコダイルの幼少期の姿。幼少期の姿は女ではなく、少年のような見た目をしているため、「クロコダイル女説はない」という意見もあります。ただ、この幼少期の姿からは男か女かはっきりとしないためまだなんとも言えないところですね。



まとめ

以上、クロコダイル女説についてまとめてみました。クロコダイル女説には確かな根拠がいくつもあるので、これはまじで真実と言えそうです。これについては今後作中で明らかになっていくと思うので、クロコダイルの正体を楽しみにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。