フェアリーテイル

【フェアリーテイル】イシュガル最強の魔導士!聖十大魔道のメンバー一覧!

フェアリーテイルには様々な魔導士が登場しますが、「大陸最強の魔導士」と称されるのが聖十大魔道に選ばれた魔導士たちです。今回、聖十大魔道のメンバーをまとめたので、誰が席に座っていたのか気になる人はご覧ください。

聖十大魔道とは

評議員が認定した大陸を代表する10人の魔導士。大陸において最強クラスの実力を誇る10人ということになるが、評議員認定とあって当然闇ギルドの魔導士は含まれない。妖精の尻尾ギルドマスターのマカロフも聖十大魔道の一人。




フェアリーテイルの聖十大魔道メンバー一覧

序列一位 ゴッドセレナ

ゼレフが率いるスプリガン12メンバーのゴッドセレナだが、元はイシュガルの魔導士で、聖十大魔道の序列一位。つまり、イシュガル最強の魔導士である。ラクサスらと同じ第2世代の滅竜魔導士で、体に8つもの魔水晶を埋め込んでいるため、8種類の滅竜魔法を扱うことができるというイシュガル最強にふさわしい実力を有する。実際、聖十第魔道序列2〜5位のハイべリオン、ウルフヘイム、ウォーロッド、ジェラをまとめて片付けてしまうほど聖十第魔道の中でもずば抜けて強い。ま、そのあとに登場したアクノロギアには一瞬で葬られてしまったがw

ゴッドセレナについては「【フェアリーテイル】イシュガル最強の魔導士!ゴッドセレナの強さや魔法まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

序列二位 ハイべリオン

聖十大魔道の序列二位で、吸血鬼のような見た目の男。作中で詳細が描かれることはありませんでしたが、吸血魔法を扱うようで、離れている相手でも血を奪うことができる模様。聖十大魔道の序列二位だが、一位のゴッドセレナとは相当に力の差がある。

序列三位 ウルフハイム

聖十大魔道の序列三位で、小柄な老人で一見強くはなさそう。しかし、変身魔法を扱い、大柄な悪魔のような怪物に姿を変えて闘う。ハイべリオン同様、作中ではあまり情報が描かれなかったキャラ。

序列四位 ウォーロッド・シーケン

妖精の尻尾創設期メンバーの一人で、メイビスやユーリ・ドレアーとともにギルドを立ち上げた。現在は聖十大魔道メンバーの一人で、序列は四位。植物を自在に操ることができる魔法で、自在に大樹を生み出して敵を攻撃したりすることができる。

序列五位 ジュラ・ネェキス

蛇姫の鱗(ラミアスケイル)最強の魔導士で、聖十大魔道の序列五位。もともとは序列十位の末席だったが、作中終盤で序列が五位となった。大地を自在に扱う魔法で、作中でも強キャラとして描かれるが、大魔闘演舞編ではラクサスに負け、アルバレス帝国編ではゴッドセレナに瞬殺されると、目立った活躍が描かれていないのが正直なところ。

ジュラについては「【フェアリーテイル】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)最強の魔導士!ジュラの強さや魔法まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

序列不明 マカロフ・ドレアー

画像右

妖精の尻尾のギルドマスターで、序列は不明だが聖十大魔道のメンバーの一人。作中ではマカロフの序列に触れていないが、六位〜十位のいずれかということになる。巨人化する魔法が得意で、自身を巨大化させて闘う。

マカロフについては「【フェアリーテイル】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のマスター!マカロフの強さや魔法まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

元聖十大魔道 ジョゼ・ポーラ

幽鬼の支配者(ファントムロード)のギルドマスターで、マカロフと同じく序列不明の聖十大魔道として登場。幽兵(シェイド)という不死身の幽霊兵士を大量に生み出す魔法をつかっていた。妖精の尻尾との抗争終結後、ギルド間抗争禁止を破ったことで逮捕され、聖十大魔道の称号は剥奪された。

元聖十大魔道 ジークレイン

画像左上

フィオーレ王国魔法評議員の一人で、ウルティアとともに評議員で活動していた。見た目はジェラールの生き写しで、初対面のときにエルザに本人と勘違いされたが、実はジェラールとは生き別れとなった兄弟で、ジェラールの兄がジークレイン。というのはジェラールがついた嘘で、ジークレインの正体はジェラールが生み出した分身。楽園の塔編で本体であるジェラールに取り込まれた。




まとめ

作品中盤くらいまでは「聖十大魔道の上のほうはどんなキャラが出るんだろう??」とワクワクしてましたが、最終的にはかませキャラばかりでちょっぴり残念でしたwまあ、聖十大魔道序列一位のゴッドセレナがアクノロギアにあのザマじゃあねぇw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。