フェアリーテイル

【フェアリーテイル】妖精の尻尾最強の女魔導士!エルザ・スカーレットの強さや魔法まとめ!

妖精の尻尾最強の女魔導士として描かれたエルザ・スカーレット。ナツグレイ、ルーシィらとともに作中主要メンバーの一人として描かれ、数々の強敵を打ち破ってきました。今回はそんなエルザの強さや魔法などの詳細情報をまとめています。

 

エルザ・スカーレットとは

 

妖精の尻尾最強の女魔導士

エルザは妖精の尻尾のギルドメンバーの中でも最強の女魔導士。ギルダーツラクサスと同じくS級魔導士の一人で、「妖精女王(ティターニア)」の異名をもつ。ナツ、グレイ、ルーシィとよくともに行動しており、フェアリーテイルの作中でも主要メンバー的ポジションで描かれていた。強敵と戦うことが多く、妖精の尻尾最強の女魔導士として数々の強敵を倒してきた。特に、大魔闘演舞編で、一人で100体のモンスターを片付けたシーンがクソかっこよかったです。「【フェアリーテイル】最強キャラランキングベスト10」にもランクインさせた最強クラスのキャラです。

 

騎士(ザ・ナイト)という魔法を扱う

エルザの魔法は騎士(ザ・ナイト)という魔法で、換装により自身の装備を一瞬で変化させる魔法。同時にいくつもの武器を操ることができる天輪の鎧、攻撃力や跳躍力といった身体能力が強化される黒羽の鎧、空間や魔法さえも切り裂くことができる天一神の鎧をはじめ、作中では非常に多くの鎧が登場した。ただ見た目が変わるだけでなく、装備することで特殊能力が付与される鎧がほとんど。

 

幼少期は奴隷として過ごす

エルザは今でこそ妖精の尻尾のギルドに所属していますが、幼少の頃は奴隷として過ごしてきました。生後まもなくローズマリー村に捨てられ、その村が襲われてからは楽園の塔建設のための奴隷の一人として囚われていた。そこで同じく奴隷だったジェラールと出会い、当時から惹かれ合っていた様子も描かれていた。ジェラールたちと共謀して反乱を起こすが、ジェラールはゼレフの亡霊の洗脳にかかってしまっており、そこで仲違い。ここでジェラールとの確執が生まれてしまい、楽園の塔編が終わるまでは関係が悪化してしまった。楽園の塔から脱出したエルザは、妖精の尻尾に加入することになるが、「また誰かを失うかもしれない」という恐怖から最初は周りと打ち解けられずにいた。が、グレイがエルザの心情に気づき、徐々にギルドに馴染んでいくことになる。

 

母親がアイリーンであることが判明

登場当初から噂されていましたが、アルバレス帝国編で登場したスプリガン12アイリーンがエルザの母親であることが判明しました。アイリーンの正体は、400年以上前のドラグノフ王国の女王。アイリーンは、ドラゴンと対峙するために滅竜魔法を編み出す。が、その副作用で自身の身体が竜化していってしまう。そのせいで周りの人間から迫害されてしまい、なんとか人間に戻る方法を模索。そこで、当時身ごもっていた子(エルザ)に自分自身を付加し、人間の身体を手に入れることを考える。が、さすがに自分の子にそこまですることはできず、その決心が鈍らないうちにローズマリー村に捨てていた。

 

ジェラールとの恋愛模様が描かれる

幼少期の確執から楽園の塔編まではジェラールとの関係は悪化していましたが、それ以降もともと惹かれ合っていた2人はたびたびラブラブシーンが描かれ、フェアリーテイルの定番シーンとなっていた。が、確実に両想いではあるものの、作中ではカップルになるところまでは描かれず終いで終わってしまった。




まとめ

強くてかわいいエルザのことを好きな人は多いでしょう。エルザの戦いは熱い展開が多いので、どの戦いもかっこよかったですよね。仲間想いのエルザは、名言もたくさんです。間違いなくフェアリーテイルという作品を盛り上げてくれたキャラの一人です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。