フェアリーテイル

【フェアリーテイル】正体はエルザの母!?アイリーン・ベルセリオンの強さや魔法まとめ!

作中最強クラスの強さを誇る女魔導士アイリーン・ベルセリオン。すでに明らかになっていますが、その正体はエルザの母親と強さだけでなく注目すべきポイントが多いキャラでもあります。今回、そんなアイリーンの強さや魔法などの詳細情報をまとめたので、ご覧ください。

 

アイリーン・ベルセリオンとは

画像左上

 

高付加術士(ハイエンチャンター)

アイリーンの魔法は付加術。つまり、魔法付加をすることができる魔導士。妖精の尻尾のウェンディが同じく付加術を扱うことができますが、それの上位互換的キャラです。ゼレフから「魔法を付ける外すの天才」と言われるほどの能力者で、雪山である霊峰ゾニアを辺り一面花畑に変えたり、大気への付加を行い大地をえぐるほどの突風を引き起こしたり、大陸ごと縮小させそこにいる人間をランダムに再配置したり、果ては天体に付加を行い隕石を落下させるなど、作中でも超大規模な魔法を扱っていた。文句なく作中最強レベルの魔法の持ち主で、「【フェアリーテイル】やっぱりインフレがすごいw最強の魔法ランキング!」にもランクインさせています。

 

スプリガン12最強の女魔導士

アイリーンはゼレフが率いるスプリガン12のメンバーの一人で「緋色の絶望」の異名をもつ。中でもオーガストラーケイドと並んでスプリガン12最強の魔導士と言われており、スプリガン12の女魔導士の中では最強キャラと言える。敵に対しては容赦ないが、仲間内には意外にもフランク。

 

ユニバース・ワンで再配置を行う

アイリーンの中でも超大規模な魔法が「ユニバース・ワン」という魔法。「世界再構築魔法」と呼ばれ、特定の人物を特定の場所に配置し、それ以外のものはランダムに再配置してしまうというでたらめな魔法となっている(作中ではこの魔法によってゼレフとメイビスを邂逅させることに成功した)。その副作用で大陸が20分の1程度に縮小、大陸の配置もごちゃ混ぜになっていた。本人いわく、400年前には存在しなかった新時代の魔法で、アクノロギアもこの魔法の存在は知らなかった。アイリーンは「【フェアリーテイル】最強キャラランキングベスト10」にランクインさせていますが、このような作中最大規模の魔法を扱えることからも、アイリーンが作中最強キャラということがうかがえます。

 

正体はドラゴン

アイリーンは、もともと400年以上前のドラグノフ王国の王女。イシュガルのドラグノフ王国で賢竜ベルセリオンをはじめ、人間と共存派のドラゴンとともに穏やかに暮らしていたが、人間を喰らい尽くさんとする西のドラゴンの軍勢と戦うことになる。悪化した戦況を覆すべく、アイリーンはドラゴンの力を人間に付与する「滅竜魔法」を編み出すことに成功。ナツたちが扱う滅竜魔法の産みの親となっている。滅竜魔法のおかげで戦況は好転し、最終的にはアクノロギアの勝利によって戦争は集結するが、実は滅竜魔法には副作用があり、アイリーンも自身の皮膚が徐々に竜の鱗に変化していってしまう。そのせいで周囲の人間から迫害を受けるようになる。すでにエルザを身ごもっていたアイリーンは、「お腹の子供だけは助けてほしい」と懇願するが、夫である国王はそれを拒否し、アイリーンの腹を突き刺し、子供を殺害しようとする。その際に子供を守るために覚醒し、完全な竜体へと身体が変化。国王ごと城を壊滅させ、そのままどこかへ飛び去ってしまう。今もドラゴン化することは可能で、ドラゴン体になることで、天体に付加し、隕石を墜落させる極限付加術(マスターエンチャント)というハイエンチャントのさらに上位魔法を扱うことが可能になる。ちなみに、人間の姿に戻ることができたのはゼレフの魔法のおかげだが、味覚や触覚が完全に失われてしまい、人間の姿に戻ることを渇望していた。

 

エルザの母親

アイリーンの正体は妖精の尻尾のエルザの母親。度々「エルザの母親では??」と思えるようなシーンが描かれてきましたが、エルザとの闘いの最中に実の母親であることが明らかになりました。滅竜魔法を習得していた頃にはすでにエルザを身ごもっており、ドラゴン化し、失った感覚を取り戻すために「生まれる子供に自分自身を付加し、人間の身体を手に入れる」ことを一時考える。が、生まれてきた子の笑顔を見て、そんなことができなくなってしまい、自身の気が変わらないうちにローズマリー村にエルザを捨てることになった。

 

技一覧

 

ユニバースワン

世界再構築魔法。特定の人物を特定の場所に配置する代わりに、それ以外はすべてランダムに再配置される。人間や生物だけでなく、地形までランダムに再配置される上に大陸の大きさも縮小する。

 

凶戦士(バーサーカー)

対象の能力を数倍に引き上げるエンチャント術。ただし、思考は失われる。

 

神の無加(デウスゼロ)

対象の付加術を無効化させる魔法。

 

神の星座崩し(デウス・セーマ)

高位付加術(ハイエンチャント)のさらに上位の極限付加術(マスターエンチャント)。天体にエンチャントし、隕石を落下させる魔法。

 

アイリーンに関係のあるキャラ

 

エルザ・スカーレット

妖精の尻尾(フェアリーテイル)最強の女魔導士で、エルザはアイリーンの子供だったことが明らかになった。

エルザについては「【フェアリーテイル】妖精の尻尾最強の女魔導士!エルザ・スカーレットの強さや魔法まとめ!」にさらに詳しくまとめています。




まとめ

作中最強レベルの女魔導士キャラであるアイリーン・ベルセリオン。大陸全体にエンチャントを行ったり、天体にエンチャントを行ったりと、作中最大規模の魔法を披露し、フェアリーテイル最終章を大いに盛り上げてくれたキャラでした。ただ強いだけでなく、悲しい過去ももつ良い悪役でしたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。