ドラクエ

ドラクエ7の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想あり】

スクウェアエニックスが誇る人気RPG作のドラクエ。今回はその第7作目のドラクエ7のレビューをしていこうと思います。

ドラクエ7はPSで発売されたソフトで、PSソフト唯一のトリプリミリオンを達成したことからもわかるように非常に話題となった作品。ただ、ゲームとしての評価が良かったかと言われると微妙なところで賛否両論分かれる作品となっています。以下に私なりのレビューをまとめておくので、ドラクエ7をプレイしようとしている方はご参考ください。

 

ドラクエ7のリアル評価レビュー

 

ドラクエ7の面白い点

 

非常にボリューミーな作品

ドラクエ7はCD2枚組となっていることからも分かる通り、非常にボリュームのある作品となっている。普通にクリアするのに70〜100時間はかかり、歴代ドラクエの中でもかなりボリューミーな作品となっています。ただ、石版集めなどただ面倒なだけの作業も少なくなく、ボリューミーであることは間違いないが冗長になってしまっているとも言える。

 

やり込み要素が豊富

裏ボス、職業マスター、カジノ、移民の町、モンスターパークと、ドラクエ7はクリア後にもできることが多い。やり込み要素が非常に豊富なシリーズと言える。特に職業の修得に関しては、上級職の職業をマスターするとなるとかなりの戦闘回数を積む必要がありますし、さらにモンスター職まで手を出し始めると膨大な時間が必要となります。「やり込み要素」はRPGには欠かせませんから、そういう意味ではドラクエ7はRPGプレイヤーのニーズを満たしてくれる作品と言えます。

ただ、これらはただの作業ゲーになりがちで、「ただ面倒なだけ」と感じるプレイヤーも少なくないでしょう。ここは賛否両論あるとは思いますが、「100時間以上やり込めるドラクエ作品をやりたい」という人にはドラクエ7はおすすめです。

 

加入NPCが多い

ドラクエ7はお助けNPCが非常に多い。個人的にはここは気に入っていて、「次はどんなキャラクターが仲間になってくれるんだろう??」ととてもワクワクした記憶があります。一時的でも仲間が増えるとテンション上がりますからね。NPCの中には、非常に強いキャラクターもいて彼らには大変お世話になりました。

 

ドラクエ7のイマイチだった点

 

ストーリーが全体的に暗い

ドラクエ7は全体的に暗いストーリーに仕上がっている。町で起こる事件がけっこう生々しいものが多く、あまり明るい気持ちでプレイできる作品ではない。BGMの曲調も悲しげで、それも作品の重苦しさに拍車をかけている。特に、レブレサックという村でのイベントはかなり胸クソで、「RPG史上もっともクソな村」と言われるほど。この重苦しい雰囲気がドラクエ7の特徴となっているので一概に「イマイチな点」とは言えないが、雰囲気が苦手な人にとってはプレイし続けるのは困難だと思う。

 

獲得できる経験値・ゴールドが少ない

ドラクエ7は敵を倒した時に獲得できる経験値・ゴールドが歴代ドラクエと比べても非常に少ない作品となっています。その癖装備品の購入額はなかなかな値上がり方をするので、装備品を揃えようとすると、かなりの手間がかかってしまう。

 

キャラクターの魅力が乏しい

まあ、これは個人の感想になるのですがドラクエ7はパーティメンバーの魅力に欠ける。「このキャラクターが好き」というキャラクターが一人もできませんでした。主人公は漁師の息子というなんとも言えない設定ですしw、幼馴染ポジのマリベルは可愛くないしw、ガボもかっこよくないしw、メルビンはおっさんだしw唯一アイラのデザインは良い感じですが、他のキャラデザや設定が残念で、「ドラクエ7はキャラが微妙」というイメージが強い作品になってしまっています。

 

キーファの離脱

このゲーム、なんとまさかの物語の最初から仲間になってくれる主人公の相棒とでも呼ぶべきキーファというキャラクターが途中で離脱してしまうのである。「どうせ後からまた仲間になるんだろ」と思いきや、結局最後まで仲間にならず終いで終わってしまう。

キーファ離脱のなにが悲しいって、キーファが私好みのキャラなのだ。私はMPが少なく、HP・力が高い戦士タイプのキャラクターが好み。ドラクエ7で言うとこのキーファがそれに該当するのだが、途中で抜けてしまうのは私的には非常に残念だった。そのため、ドラクエ7では戦士タイプのキャラクターが存在しない(一応、主人公がそれに近いが純粋な戦士タイプとは言えない)。戦士タイプ好きな人にとっては、残念ながらお気に入りのキャラができにくい作品となっている。

 

フリーズが多い

これは初期に出荷されたドラクエ7の特徴なのですが、この作品めちゃめちゃフリーズするんです。私がやっていたのは初期版のドラクエ7なのでもうめちゃめちゃフリーズしましたね。冒険の途中、レベル上げの途中、もうどこでフリーズするかわからないので、基本フリーズに怯えながらのプレイとなっていましたwRPGにおいて「フリーズが多い」というのは致命的バグですよね。数時間レベル上げに費やした後のフリーズにはさすがに殺意が芽生えましたよw

 

ムービーがやばいw

ドラクエ7のムービー、ビビりますw特にユバールのライラの踊りのムービーはやばく、キャラクターに一切の表情がないので不気味すぎるムービーに仕上がっています。

こうやって見ると、ドラクエ11の進化っぷりはすさまじい。

ドラクエ7の他の人のレビュー

まとめ

以上、ドラクエ7のリアルレビューでした。ドラクエ7は私が初めてプレイしたドラクエシリーズなので個人的に思い出深い作品となっています。個人的にはすごく好きな作品なのですが、確かに欠点も多いので「【ドラクエ】ファン300人が選ぶ歴代人気おすすめドラクエソフトランキング」でも8位と賛否両論ある作品となってしまっている点は納得です。今は3DSやスマホアプリでもプレイできるので、まだやっていない人はぜひプレイしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。