フェアリーテイル

【フェアリーテイル】ゼレフが生み出した悪魔!ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)とは?

ゼレフが生み出したゼレフ書の悪魔(エーテリアス)。作中には多くのゼレフ書の悪魔(エーテリアス)が登場し、重要なキャラもいます。今回、ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)がどういう存在だったか、また、フェアリーテイルに登場したゼレフ書の悪魔(エーテリアス)を紹介していきます。

 

ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)とは

 

ゼレフが作った魔道書から生まれた悪魔

ゼレフ書の悪魔は、ゼレフが作った魔道書から生まれた悪魔のことを言います。またの名をエーテリアスという。魔道書が傷つくとそれに応じたダメージを受け、完全に魔道書が破壊されるとゼレフ書の悪魔(エーテリアス)も消滅してしまう。不老不死となってしまい死を望むゼレフが、「自分を殺してほしい」という願いの元作られた存在。

 

魔法の上位技呪力を扱う

ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)が扱うのは、呪法という魔法の上位技。精神力を糧とする魔法と比べ、憎しみ・怒り・恐れなどの負の感情を媒体として発動する。悪魔が扱うにふさわしい凶悪な能力が多い。

 

エーテリアスフォームに変身できる

ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)はエーテリアスフォームという姿に変身し、戦闘力を強化することができる滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)でいうドラゴンフォース的な形態。

 

ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)一覧

 

冥府の門(タルタロス)

 

END

画像右上

冥府の門(タルタロス)のマスター。ゼレフが作り出した最強の悪魔で、その正体はナツ(ENDの正式名称はエーテリアス・ナツ・ドラグニル)。幼い頃に死んでしまった弟のナツをゼレフがゼレフ書の悪魔(エーテリアス)として復活させた。

さらに詳しくは「【フェアリーテイル】ナツの強さや魔法まとめ!その正体はENDでゼレフの弟だった!?」をご覧ください。

 

マルド・ギール

画像右

冥府の門(タルタロス)の副官だが、END不在の今実質的リーダーを務めている。イバラなどの植物で攻撃を加える呪法を扱う。

マルド・ギールについては「【フェアリーテイル】マルド・ギールの強さや呪法まとめ【冥府の門(タルタロス)のボス】」にさらに詳しくまとめています。

 

九鬼門

冥府の門(タルタロス)の幹部。九鬼門のメンバーはゼレフ書の悪魔(エーテリアス)で構成されています。

九鬼門メンバーについては「【フェアリーテイル】ゼレフ書の悪魔が集う闇ギルド!冥府の門(タルタロス)のメンバーまとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

冥王獣

冥府の門(タルタロス)のアジト冥界島の真の姿。マルド・ギールの呪法、喜び(アレグリア)によって冥王獣へと変わる。

 

ラミー

画像右

キョウカ隊所属のゼレフ書の悪魔(エーテリアス)。量産型の悪魔で同じ姿の悪魔が何体もいる。

 

アルバレス帝国

 

ブラッドマン

画像左上

スプリガン12の一人。九鬼門の呪法をすべて扱うことができる上位のゼレフ書の悪魔(エーテリアス)。

ブラッドマンについては「【フェアリーテイル】最強の呪法使い!ブラッドマンの強さや呪法まとめ!」にさらに詳しくまとめています。

 

ラーケイド・ドラグニル

スプリガン12の一人。自身はゼレフの息子と思っていたが、ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)の一体に過ぎなかった。

ラーケイドについては「【フェアリーテイル】正体はゼレフの息子!?ラーケイド・ドラグニルの強さや魔法まとめ!」に詳しくまとめています。

 

その他

 

ララバイ

画像右下の右

呪殺魔法をゼレフがさらに強化した集団呪殺魔法を宿した魔笛。本来はただの笛だが、鉄の森(アイゼンヴァルト)のカゲヤマの手で解放された。

 

デリオラ

過去グレイとリオンの家族を殺した巨大な悪魔。グレイの師であるウルの絶対氷結(アイスドシェル)によって封印された。グレイにとっては親の仇となるゼレフ書の悪魔(エーテリアス)。




まとめ

ゼレフが生み出したゼレフ書の悪魔(エーテリアス)は、フェアリーテイルの敵キャラとして登場してきました。人間ではなく悪魔とあって、凶悪なキャラが多かったですね。重要なキャラも中にはいるので、忘れてしまっているキャラがいればチェックしておいてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。