ジョジョ

【ジョジョ】能力がやばすぎるw歴代最強のラスボスランキング!

固有の能力をもつスタンドバトルが熱い作品ジョジョ。ジョジョシリーズには毎回ラスボスが登場し、他のキャラとは一線を画したチート級の能力を見せてくれます。今回、歴代ジョジョシリーズのラスボスの中で、ランキングを作成し、最強キャラを決めてみました。いずれのキャラもチート級の能力を誇りますが、最強のラスボスキャラはいったい誰になるのでしょうか??

 

歴代ジョジョのラスボスの強さランキング

 

7位 ディオ・ブランドー

https://twitter.com/tazawel/status/743257321774579712

ジョジョシリーズ最初の作品「ファントムブラッド」のラスボスであるディオ・ブランドーを8位に。もともとスポーツ万能・頭脳明晰・マナーや作法完璧・巧みな話術ももち合わせるとパーフェクトな人間だったが、石仮面を被り、人間をやめ吸血鬼の能力を得る。吸血鬼となったことで腕を斬られてもくっつけて元に戻したり、首だけになっても生きていたりと、人間離れした生命力を見せつけたが、初代のラスボスとあって他作品のラスボスキャラと比べると能力は地味。この頃はスタンドもないですし、ラスボスキャラと比べるとどうしても強さは劣ってしまうと思います。そのため、残念ながら順位は最下位とさせていただきました。

 

6位 吉良吉影

吉良吉影のスタンド

キラークイーン

近距離パワー型のスタンドで、触れたものを爆弾に変える能力。

  • 第一の爆弾(触れたものを爆弾に変える能力)
  • シアーハートアタック(熱に反応して対象を自動的に追尾し、爆発攻撃する小型戦車のようなスタンドを放つ攻撃)
  • バイツァ・ダスト(吉良吉影の情報を得ようとすると発動し、吉良吉影の正体を知っている人物を確実に爆破し、同時に時間を1時間ほど戻してなかったことにする能力)

と、3つの能力を有するスタンド

ジョジョ4部のラスボス。平穏で穏やかな暮らしを望む反面、好みの女性の手を斬り落としコレクションするというサイコパス的側面ももつ。本人は好戦的性格ではないが、スタンドのキラークイーンは近距離パワー型で「触れたものを爆弾に変える」と、戦闘向きの能力。が、後に開花する「シアーハートアタック」や「バイツァ・ダスト」は戦闘向きの能力というより、「自分の正体を知られたくない」という吉良吉影の想いが反映されたかのような能力となっています。本人が好戦的ではなく、バトルには向いておらず、スタンドの能力も他のラスボスキャラには劣るため、スタンドもちのラスボスキャラの中では最下位の順位とさせていただきました。

 

5位 ディアボロ

ディアボロのスタンド

キングクリムゾン

時を消し飛ばす能力と未来を予知する「エピタフ」の能力をもつ

ジョジョ5部「黄金の風」のラスボスであるディアボロを5位にランクイン。巨大ギャング組織パッショーネのボスで、冷酷非情かつ非常に用心深い性格だが、二重人格者であり、気弱な少年ドッピオの人格が内在している。時を消し飛ばし、ディアボロだけがその時間の中を自由に行動できるというチート級のスタンド能力の持ち主。おまけに未来予知の能力も有しており、自分にとって都合の悪い未来をキングクリムゾンの力をつかって強引に回避することができる。相手は時間を消し飛ばされたことを認識できないため、完璧に不意打ちを食らってしまう。キングクリムゾンは、超スピードと破壊力抜群のスタンドのため、攻撃力も強力。ただ、消し飛ばした時間の中で敵に攻撃をすることはできないので、DIOのザ・ワールドのように、動けない敵を一方的に攻撃するなどは不可能です。

 

4位 ファニー・ヴァレンタイン大統領

ファニー・ヴァレンタイン大統領のスタンド

D4C

同じ場所に隣の世界を同時に存在させられる能力

ジョジョ7部「SBR」のラスボス。第23代のアメリカ大統領で、権力的にはジョジョの歴代ラスボス最強格。並行世界を自由に行き来することができ、他者も異世界に引きずり込んだり、送り出したりできるというチートな能力のスタンドの持ち主。致命傷を負ったとしても、並行世界の自分に意思とD4Cを託すことで、並行世界から来た大統領が引き継ぐことができるので、実質不死身。スタンドのパラメータもスタープラチナとまったく同じで、能力抜きの素の強さも相当なもの。

 

3位 DIO

DIOのスタンド

ザ・ワールド

時間を止める能力(作中では最初は5秒、最終的には9秒止めることができていた)

ジョジョ3部の「スターダストクルセイダース」のラスボスで、他作品でもストーリーに影響を与えているジョジョシリーズきっての悪役キャラ。「時間を止める」という最強すぎる能力のスタンドの持ち主。ディアボロと違い、時間を止めている間に好き勝手攻撃することができるので、相手は一方的に攻撃されてしまう。その能力で花京院は為す術もなくやられてしまった。最強の能力を誇るスタンドに加え、本人は吸血鬼で人間離れした身体能力や生命力をもつ。加えて、カリスマ性もあり、作中では多数の部下を従えていた。スタンドの能力・本人の身体能力・カリスマ性、どれをとっても一級品のジョジョシリーズ最高のラスボスでしょう。

 

2位 エンリコ・プッチ

https://twitter.com/asexgram/status/1072141092219346945

エンリコ・プッチのスタンド
  • ホワイトスネイク(人の記憶とスタンド能力をDISC化させて奪い取ったり読んだりすることができ、またDISCを介して人や物を操る能力)
  • C-MOON(重力を操作する能力)
  • メイド・イン・ヘブン(時を加速する能力)

と、作中でスタンドが進化している

ジョジョ6部「スターオーシャン」のラスボス。動揺すると素数を数える癖がある。プッチ神父のスタンドは、この世の時間を無制限に加速させる能力。メイド・イン・ヘブンの能力で加速された世界では、体感時間で1分〜2分の間に1時間の時が過ぎるといった現象が起こる。生物はそのスピードについていくことができないが、スタンドの持ち主であるプッチ神父だけは例外で、加速された時のスピードについていくことが可。時の加速についていけない人間からすると、姿を追うのも困難なほどのスピードで移動しているように見えてしまう。スタンドの能力によって加速した状態からの攻撃力は凄まじく、即死級の殺傷能力を誇る。DIOも倒せなかった空条承太郎もこの能力で倒していることから、ジョジョの歴代ラスボスキャラの中でも相当な実力者と言える。

 

1位 究極生命体カーズ

2部「戦闘潮流」のラスボスである究極生命体カーズをランキングのトップとさせていただきました。柱の男であるカーズは、弱点のない究極の生命体の追求し、赤石をはめた石仮面を被って究極生命体へと進化を遂げる。地球上のありとあらゆる生物の遺伝子を体内にもち、身体をあらゆる生物に変化させることが可能。おまけに今まで弱点だった太陽光も克服し、弱点なき不死の存在。

  • 骨格 一度細胞レベルまで分解した後、様々な生物の形へ変形・構成可能
  • 握力 900kg/cm2
  • ジャンプ力 18m
  • 視力 天体望遠鏡並
  • 聴力 蝙蝠からクジラの鳴き声まで全てを聞き分けられる
  • 触覚 熱や空気の動きを探知できる
  • 知能 IQ400
  • 筋肉 どんな傷も短時間で修復できる。つまり、短時間で変身可能。
  • 好物 吸血鬼と化した人間(飲まず食わずでも1年は生活可能)
  • 睡眠 必要なし
  • SEX 必要なし。下等な生物ほど、子供の数は多い。死の危険が大きいからだ。したがって、完全なる生物に子孫や仲間はいらない。頂点は常にひとり。

と、作中でも究極生命体カーズのスペックが丁寧に解説されており、その強さのほどがうかがえる。素の戦闘能力だと間違いなくジョジョシリーズのキャラの中でもぶっちぎりの強さを誇り、「ジョジョの歴代最強のラスボス」として挙げる人も多いキャラ。他のラスボスのスタンド攻撃でやられてしまう可能性もありますが、究極生命体カーズのスペックをもってすれば、おそらくスタンド攻撃を受ける前に相手を瞬殺することが可能かと。もし仮に攻撃を受けたとしても不死身の存在であるので、なんなく攻撃を受けきってしまうと思います。他のラスボスキャラで究極生命体カーズを倒せる画がまったくイメージできなかったので、こやつを歴代最強のラスボスとさせていただきました。




まとめ

ジョジョの歴代ラスボスキャラは、どれもチート級の能力のスタンドをもち、「次のシリーズのラスボスはいったいどんな能力なんだろう??」と、毎度ワクワクさせてくれます。ジョジョラスボスキャラの強さ議論は、間違いなく意見が分かれるところだと思いますので、あなたが思う最強のラスボスキャラも教えていただけると幸いです。こういう強さ議論はやっぱり楽しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。