アイシールド21

【アイシールド21】ベンチプレス最強キャラランキング!作中判明情報総まとめ!

アイシールド21と言えば各選手のベンチプレス重量が記載されているので、どのキャラがどれくらいベンチプレスを上げるのかを追うのも楽しみですよね。今回、アイシールド21の作中で明らかになっているベンチプレスの重量ランキングを作成しました。どのキャラがベンチプレス最強か気になる方はご覧ください。

 

アイシールド21の最重量ベンチプレスランキング

 

23位 姉崎まもり 20kg

泥門デビルバッツのマネジャー。アメフトプレイヤーではありませんが、20kgのベンチプレスを上げていたシーンが描かれていました。

 

22位 如月ヒロミ 30kg

白秋ダイナソーズのディフェンシブバック。ベンチプレスは30kgと力はないが、パスをキャッチした相手の腕に絡みついてボールを払い落とす翼竜の爪(プテラクロウ)を得意とする。

 

21位 小泉花梨 35kg

最強アメフトチーム、帝黒アレキサンダーズのクォーターバック。力はないがボールが止まって見えるほど綺麗な回転を加えた丁寧なパスを得意とする。

 

20位 小早川瀬那 45kg

本作の主人公で泥門デビルバッツのエースランナー。最初はベンチプレス20kgだったが、最終的には45kgまで上げることができるようになった。力自体はないが、スピードを活かして阿含を力で押さえたり、進にも力で勝負したりとパワープレイもできないわけではない。

 

19位 雷門太郎 50kg

泥門デビルバッツのワイドレシーバー。体格や運動能力には恵まれていないが、キャッチ能力は作中最強クラス。パスを見ずに背面でキャッチするデビルバックファイアを得意とする。

 

18位 円子令司 60kg

https://twitter.com/seikencheese/status/1074592806465724417

白秋ダイナソーズのクォーターバック兼セイフティ。ヒル魔と同じような司令塔系のプレイヤーだが、相手が持っているボールを気づかぬ間に奪ってしまうスクリューバイトを得意とする。

 

17位 桜庭春人 70kg

王城ホワイトナイツのワイドレシーバー。長身を活かした高い位置でのパスキャッチが得意で、同じく長身の高見とのエベレストパスが得意技。

 

16位 蛭魔妖一 75kg

泥門デビルバッツのクォーターバック。トリックプレーを得意とし、泥門デビルバッツの司令塔にして裏のエース。ベンチプレスは作中のキャラの中では低めで、パワーを活かしたプレーはほとんどない。

 

15位 艶島林太郎 75kg

王城ホワイトナイツのコーナーバック。東京大会ベストイレブンの守備センターバック部門に選出された。

 

14位 ハァハァ3兄弟 85kg

泥門デビルバッツ十文字・黒木・戸叶の3人。3人ともベンチプレスは85kg。

 

13位 中脇爽太 90kg

王城ホワイトナイツのセイフティー。東京大会ベストイレブンの守備セイフティー部門に選出された。

 

12位 瀧夏彦 90kg

泥門デビルバッツのタイトエンド兼ラインバッカー。器用貧乏なイメージの通り、ベンチプレスの重量は90kgと中堅どころ。

 

11位 小結大吉 110kg

泥門デビルバッツのガード。栗田に憧れてるとあって、小柄ながらデビルバッツでは栗田に次ぐベンチプレス重量。

 

10位 鉄馬丈 115kg

西部ワイルドガンマンズのワイドレシーバー。レシーバーでも115kgのベンチプレスを上げるフィジカル系のレシーバー。レシーバーの中ではベンチプレス最重量クラス。

 

9位 ケルベロス 120kg

https://twitter.com/daisuke_dark/status/931472193988411393

ヒル魔が飼っている犬。犬だがベンチプレスは120kg上げられるらしいw

 

8位 モンティ・ゴメリー120kg

アメフトワールドカップのミリタリア代表の中心選手。軍隊経験を活かした弾道ミサイルランを得意とする。

 

7位 進 140kg

王城ホワイトナイツのラインバッカー兼ランニングバック。高校アメフト史上最強最速のラインバッカーで、スピード・パワー共に作中最強クラス。

 

6位 バッド・ウォーカー 140kg

ワールドカップアメリカ代表チームの五芒星(ペンタグラム)の一人。スタントマンを使わずに撮影をこなすハリウッドスターで身体能力が非常に高く、ベンチプレス重量は他チームのラインマンに匹敵するほど。

 

5位 大田原誠 145kg

王城ホワイトナイツのガード兼ディフェンシブタックル。守備力最強の王城ホワイトナイツのラインの中でも最強の選手で、パワーだけではなく加えてスピードもある。

 

4位 番場衛 145kg

太陽フィンクスのセンター兼ディフェンシブタックル。屈強なラインマンが揃う太陽フィンクスの中でも一番のパワーを誇る選手。

 

3位 栗田良寛 160kg

泥門デビルバッツのセンターライン。圧倒的体格で作中最強クラスのラインマン。ベンチプレスは160kgと超高校級クラスだが、スピードは最遅。

 

2位 峨王力也 210kg

白秋ダイナソーズのディフェンシブタックル。身長2m・体重131kgと人間離れした体格を持ち、一撃でクォーターバックを故障させるほどのパワーを誇る。峨王に対抗できるのは作中では栗田とMr.ドンくらい。

 

1位 イヴァン・ロドチェンコ 200〜300kg

アメフトワールドカップのロシア代表選手。ベンチプレス世界記録保持者で、重量は200〜300kgと判明している中では作中最高。




まとめ

以上、アイシールド21のベンチプレスランキングでした。作中最強がロドチェンコというモブキャラなのが残念でしたがw、実際のところは峨王を余裕で抑えていたアメリカ代表のMr.ドンが最強でしょう。作中では明らかになっていませんでしたが、Mr.ドンのベンチプレス重量がどのくらいなのか気になりますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。