ドラクエ

【ドラクエ】歴代裏ボス総まとめ

ドラクエはⅢから裏ボスが登場し、裏ボスの存在はドラクエ名物にもなっています。そこで今回、ドラクエの歴代裏ボスをまとめて紹介していきます。ドラクエに登場する裏ボスを振り返っていきたい人はぜひご覧になってください。

 

ドラクエの裏ボス総まとめ

 

ドラクエⅢ しんりゅう

ドラクエⅢの裏ボス。ラスボスのゾーマを倒した後に行ける隠しダンジョンの最頂部で戦うことになる。HP・攻撃力・守備力・素早さを兼ね備えている上に、しゃくねつ・凍える吹雪・イオナズンなどの強力な全体攻撃をつかってくる強敵です。ただ、呪文耐性がないのでメラゾーマやギガデインといった呪文攻撃でダメージを与えていくのが有効。

 

ドラクエⅣ エビルプリースト

ドラクエⅣの裏ボス。ラスボスピサロのボスとして登場し、FC版では中ボスですが、リメイク版では中ボスとして登場するのに加え、デスピサロを倒した後の裏ボスとしても登場します。ピサロに対する忠誠心はなく、ロザリーを人間に攫わせて殺害させ、ピサロを第2のエスタークにし、自滅に追い込んで自身が魔王になろうとしていた黒幕的存在。

 

ドラクエⅤ エスターク

ドラクエⅤの裏ボス。元々は古の時代の魔族の王で、進化の秘宝を生み出した張本人である。それを自らにつかって究極の生物へと進化を遂げるが、その代償として不老不死の力を得る代わりに記憶のほとんどを失ってしまい破壊と睡眠を繰り返すだけの存在となってしまった。エスタークの力を恐れたマスタードラゴンと天空人との戦いに敗れてエスターク神殿ごとアッテムトの地下深くに封印されてしまった。ドラクエⅣではまだ覚醒しておらず中ボスとして登場するが、ドラクエⅤでは本来の力を発揮して裏ボスとして登場する。

 

ドラクエⅥ ダークドレアム

ドラクエⅥに登場した裏ボス。ドラクエⅥのラスボスであるデスタムーアをはるかに上回るほどの力をもつ破壊と殺戮の神。一定ターン以内に倒すと主人公の代わりにデスタムーアを瞬殺してくれるイベントがあり、このイベントのせいでドラクエⅥではデスタムーアよりも裏ボスのダークドレアムのほうが目立ってしまっている。裏ボスにふさわしいスペックを誇っており、歴代ドラクエボスの中でも最強レベルに強い。

 

ドラクエⅦ 神さま

ドラクエⅦの裏ボス。かつて英雄メルビンとともにラスボスであるオルゴ・デミーラと戦い、オルゴ・デミーラの力の大半を奪うことには成功するが、敗北してメルビンに希望を託す形で消滅する。ただ、実際には生き残っていて、クリア後に攻略できる謎の異世界の最深部に潜んでいた。見た目からはまったく強そうに思えないが、実力はまさに「神」そのもの。歴代ボスキャラの中でも屈指の実力を誇り、「神さまを倒せずにやめてしまった」という人も少なくない。

 

ドラクエⅧ 竜神王

ドラクエⅧの裏ボス。竜神族の長で天の祭壇で人間の姿を捨てる儀式に失敗し、巨大な竜となって理性を失ってしまう。主人公に倒された後は正気を取り戻し、それからは主人公たちに竜の試練として立ちはだかるようになる。

 

ドラクエⅪ 邪神ニズゼルファ

ドラクエⅪの裏ボス。正体は歴史から抹消された邪神。かつて勇者ローシュらとの戦いに敗れた際、ウラノスの精神を乗っ取りローシュを殺害する。勇者を失ったことで邪神を完全に滅ぼすことができなくなったが、セニカやネルセンらに肉体を封印される。邪神に精神を乗っ取られたウラノスはラスボスのウルノーガとなり、ニズゼルファは精神体のみが黒いヨッチ族となって世界を彷徨っていた。主人公の影に潜んで共に過去に飛び、勇者の星に封印された本体と融合することで完全復活を果たす。

まとめ

以上、ドラクエの歴代裏ボスをまとめてみました。ドラクエはⅢから裏ボスが登場するようになり、ドラクエ名物として歴代作品に登場してきていますが、こいつらには苦戦させられた人も多いのではないでしょうか??私はドラクエⅦを一番やりこんだので「裏ボスといえば神さま」という印象が強いですね。あなたはどの裏ボスが一番印象が強いですか??

今回はドラクエの歴代裏ボスを紹介しましたが、歴代ラスボスも「【ドラクエ】歴代ラスボス総まとめ」にまとめているので、そちらも合わせてご覧になってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。